News

執筆記事の更新情報や活動実績を随時更新していきます。

ワインエッセンス、カリフラワー、アボネーズ、アメリカ東海岸最大級のフードショーで見つけた最新グルメトレンド

2019/07/08

6月23日~25日にかけてニューヨークで開催された 「Summer Fancy Food Show 2019」

世界中から最新の食品が集まるアメリカ東海岸最大級の食品展示会です。

実際にこの展示会に参加し、気になった商品、そして展示会から読み取れる今後の食トレンドについてレポートします!


ハーバード大学研究員に「フェイクミート」は本当にカラダにいいのか聞いてみた

2019/06/15

「Beyond Meat(ビヨンド ミート)」や「Impossible Burger (インポッシブル バーガー)」など、 豆類など植物だけを使用して作ったフェイクミート(植物肉)がブームのアメリカ。

見た目や味は本物のお肉にそっくりなのですが、1つ気になったのが調理の際、大量の油が出てきたこと。

ハーバード大学研究員にフェイクミートはカラダに良いのか?についてインタビューしてきました!


おしゃれなローカルフードをカジュアルに食べられるファストフード店がニューヨークで急増中

2019/06/09

様々な国からの移民が集まっているNYの食の特徴は、各国の移民が持ち込んだ世界各国のローカルグルメを味わえること。

「ローカルグルメ」と言うと、昔ながらの伝統的な料理をイメージしがちですが、最近NYでは若者向けにアレンジされたお洒落なローカルフードが続々と登場しています。

「古めかしい」イメージのある日本の伝統料理も、ひと手間加えることでイメージを刷新し、新たな顧客を獲得できるかもしれません。


ケロッグ、ヌテラ、ニューヨークで老舗食品メーカーがカフェをオープンする理由

2019/06/05

ケロッグにヌテラ…誰もが小さい頃1度は食べたことがある老舗のお菓子メーカーが、相次いでニューヨークにカフェをオープンさせている。

ケロッグもヌテラも世界的な食品メーカーであり、誰もが知っている有名ブランド。十分な知名度を誇るこれらの企業が、マンハッタンという地価の高い土地になぜわざわざ店舗をオープンさせる理由とは?


全米ベストコーヒー都市ランキング1位のニューヨークで進む「カフェのエンタメ化」

2019/06/01

「The 10 Best Coffee Cities In America(アメリカのベストコーヒー都市ランキング)」で、スターバックスの発祥地であるシアトルを抜かして1位に輝いた都市、ニューヨーク。

「カフェの街」ニューヨークの近年のカフェトレンドは「エンターテイメントを提供するカフェ」
味や見た目だけでなく、エンターテイメント性を訴求するカフェの魅力に迫る!


多忙を極めるニューヨーカーの気分転換、トレンドは「隙間時間にサクッと瞑想」

2019/05/29

ニューヨークで広がるウェルネストレンド。

肉体的、精神的、そして社会的に良好な状態である「ウェルネス」を実現するには、健康的な食事、運動そして「瞑想(メディテーション)」が重要だとされています。

アメリカで最も成長しているマーケットの1つ「瞑想」。疾病対策予防センターのレポートによると、瞑想経験者の割合は、2012年の4.1%から2017年には14.2%と、5年で3倍にも増加しました。

瞑想人気を受け、NYでは隙間時間にサクッと瞑想ができるサービス・施設が続々オープン。実際に体験してきました!


出会い系からソーシャルワーキングプラットフォームへ!急成長する米国発のソーシャルアプリ「バンブル」の気になる中身

2018/05/26

今アメリカのミレニアル世代が夢中になっている出会い系アプリと言えば、「bumble(バンブル)」

男女の出会いだけでなく、同性の友達やビジネスパートナーをも探せる機能があったり、「バンブルバー」をオープンするなど、オフラインにも出会いの場を拡張していたりと、出会い系アプリの枠を超えて、人と人とを繋げるアプリに進化した「バンブル」の魅力に迫る!


コセプトは〝身体の内と外から美しくなる〟ニューヨークで「ウェルネスサロン」が人気の理由

2018/05/22

「身体の内側と外側、両方から美しく」という考えが広まっているニューヨークでは、ヘルシーフードやヘルシードリンクを提供するカフェに、エステサロンやヨガスタジオなどが併設した「ウェルネスサロン」が急増中。

どのようなウェルネスサロンが人気なのか?なぜ今ウェルネスサロンが人気なのか?視察に行ってきました!


世界で最も健康な国・スペインに学ぶヘルシーな生き方

2019/5/16

世界169か国の平均寿命、喫煙率、肥満率、衛生設備等様々なデータを元に、ブルームバークが2019年2月に発表した「2019 Healthiest Country Index(健康な国ランキング)」

このランキングで1位に輝いた国はスペインでした。

観光地としてのイメージが強いスペイン。何故「世界で一番健康な国」になれたのでしょうか?その理由に迫る!


ランニングを習慣化させるために必要な「仕組みづくり」のヒント

2019/5/10

ヘルスコンシャスな人が多いボストンでは、ランニングをしている人を多く見かけます。たとえ雨や雪が降っていろうとお構いなしに走っています。

健康な身体をつくるために運動することはとても大事。 分かっていても続かないのが人間…。

そんな方のために、「食」の要素を取り入れていれて、毎朝のランニングを習慣化させるための”仕組みづくり”を紹介!


なぜ、ボストンはスタートアップが生まれやすい街なのか?

2019/05/05

2018年、スタートアップ資金調達額でニューヨークを上回り、アメリカで2番目に大きいスタートアップシティとしてボストンがランクインしました。

アメリカ最古の大学であるハーバード大学やテクノロジー系に強いマサチューセッツ工科大学(MIT)をはじめ多くの大学が集まる学術都市ボストン。

なぜボストンで多くのスタートアップが生まれているのか?その理由に迫る!


白熱するアメリカのピザマーケット、日本の食品メーカーが参入したら勝機はあるか?

2019/04/29

とにかくピザが大好きなアメリカ人。

アメリカ全土で1秒間に350スライスのピザが消費され、アメリカにある全てのレストランのうち17%はピザ屋で、アメリカ人は1人あたり年間10.4kgのピザを食べ、ピザを取り巻くマーケットは年間300億ドル(約3.3兆円)というデータも出ている。

毎月ピザにまつわる記念日があったり、ユニークなピザが次々と発売されたりしているアメリカですが、最近のトレンドは「ヘルシーピザ」

日本の食品メーカーは、このトレンドに乗っかることができるのでしょうか??


ブームの予感!自宅でもみんなと一緒にトレーニングできる「おうちエクササイズ」

2019/04/21

健康意識が高まるアメリカにおいて、年々増加するフィットネス市場。

そんな今注目のフィットネス市場の中でも特に注目されているのが、フィットネススタジオやジムではなく、自宅でする「おうちエクササイズ」。

ペロトンやミラーなど今話題のおうちエクササイズマシンの紹介、そしてなぜ今おうちエクササイズが人気なのか?その謎に迫る!


なぜ人々はこれほど夢中になるのか?全米で人気の最新スーパーフード3選

2019/04/21

健康志向が高まるアメリカでは、多種多様なスーパーフードが次々と登場し、注目を集めています。

アメリカのスーパーで見つけた、日本でもブレイクしそうなヘルシーで美味しいスーパーフードを紹介!


アメリカで話題の新感覚ヌードル「ズードル」って何だ?

2019/04/19

日本人の食生活にすっかり定着したイタリア生まれの「パスタ」

小麦粉で出来ているパスタは炭水化物の量が多く、パスタだけで食事を済ませるのには抵抗がある…という人も多いのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが、健康志向が高いアメリカ・ボストンで今話題の「ズードル」!


食を通じたクリエイティビティ活動で充実した人生を過ごすヒント

2019/04/08

ウェルネスライフを送る上で重要な要素の1つに「クリエイティビティ」

「クリエイティブ活動をすることは、充実した人生に繋がる」という事実が、研究でも明らかになっています。

食を通じてクリエイティビティを鍛える方法を紹介!


ココナッツミルクにエナジーショット!?アメリカのスーパーで見つけた謎のドリンク5選

2019/03/20

アメリカのスーパーに行って驚くことの1つが「ドリンクの種類の多さ」

日本ではあまり見ることのない珍しい種類のドリンクを特徴と共に紹介!


アメリカの飲食店に学ぶ!ミレニアル世代を惹きつけるための施策

2019/03/19

少子高齢化、健康・ウェルネスに対する意識の高まり、飲酒機会の減少などの理由から、世界の主要各国でアルコールの消費量が減少しています。

アメリカでもミレニアル世代のアルコール離れは問題となっており、飲食店ではミレニアル世代を惹きつけるために様々な施策を実施しています。

ミレニアル世代を惹きつけるためにアメリカの飲食店やアルコール関連企業が実施している施策に迫る!


ハーバード大学教授が教える!幸せな人生を送るために一番大事なものとは?

2019/03/18

ハーバード大学成人発達研究が75年間にわたって追跡調査をした結果、幸福な人生を送るために一番大切なものは「良い人間関係を築くこと」 ということが明らかになりました。

良好な人間関係を築くために、非常に役立つツールとなるのが「食」

「食」を活用し、 文化や言語が異なる人たちと関係を深めていく方法を紹介!


ミレニアル世代に大人気のヨガウェア「ルルレモン」のマーケティング戦略とは?

ヨガやメディテーション(瞑想)の人気が高いアメリカで、今ミレニアル世代から絶大な人気を誇っているヨガウェアブランドといえば「Lululemon(ルルレモン)」。

アディダス、アンダーアーマーズ、ナイキなどの老舗ブランドを脅かす勢いで急速に成長しているルルレモン。

そのマーケティング戦略に迫る!


「最高の食事療法」に選ばれた地中海式ダイエットを普段の食事に取り入れる方法

2019/03/16

「U.S. News & World Report」によって、①安全性 ②実施しやすさ ③栄養価の高さ ④体重減少に寄与する効果の4つの視点からベスト・ダイエットに選ばれた地中海式ダイエット。

アメリカでは地中海料理を提供するヘルシーファストフード店も続々登場。

普段の食事に地中海式ダイエットを取り入れるために覚えておきたい3つのポイントを紹介!


一気にキャッシュレス化が進むアメリカの飲食店、日本で浸透しないのはなぜ?

2019/03/13

キャッシュレス化(クレジットカードやデビットカード、あるいはApple PayやGoogle Payなどの電子マネーなど、現金以外のツールで支払いを行うこと)が進む アメリカの飲食店。

スターバックスやスイートグリーンなど、キャッシュレス化を進める飲食店の紹介、そしてなぜ日本でキャッシュレス化が浸透しないのかについて考察!


科学的にも証明されている「マインドフル・イーティング」で得られるメリット

2019/03/12

「余計なことを考えずに、1つのことだけに集中する心の状態」を創り出す「マインドフルネス」の考え方が浸透しているアメリカ。

様々なマインドフルネス・イベントが開催されていますし、GoogleやAppleなどの大企業も従業員の生産性を高めるために、マインドフルネス・プログラムを導入しています。

食事時間を活用して、「マインドフルネス」を実践する方法について紹介!


アメリカで人気の「カスタマイズ・ボウル」は日本でも火が付くか?

2019/02/27

「Sweet Green」「Cava Grill」「Dig Inn」など、多くのヘルシー・ファストフード店が続々オープンされているアメリカ。

これらの店に共通することは「カスタマイズ・ボウル」を提供している、ということ。

このカスタマイズ・ボウル施風は日本にも訪れるのか?


ビーガンラーメンにビーガンカルボナーラ!?急増するビーガンレストラン最前線

2019/02/20

ビーガンやベジタリアンなど、菜食を実践する人の数が世界中で急速に増加しています。

ビーガンやベジタリアンと聞くと、ヘルスコンシャスでオシャレな女性が食べる所謂「カフェごはん」のようなもので、男性にはボリュームが足りないと思われる方も多いかもしれません。

しかし、今東京ではビーガンラーメンやビーガンカルボナーラなど、男性の胃袋をも満たすヘルシーでボリューミーなビーガン食を提供するレストランが続々とオープンしています。


アメリカ人はなぜ植物性の食品を好むのか?ビーガンに変わって注目される「プラントベース」とは

2019/02/19

アメリカで最近よく耳にするのが「プラントベース(Plant Based)」という言葉。

これは「植物性の食べ物をベースにした」という意味で、野菜や全粒粉、ナッツやフルーツなどの食材をベースにしながら、肉や魚などの動物性の食事も少量口にするというものです。(全く口にしない人もいます。)

プラントベース食品を発売する食品メーカーの紹介、そしてなぜビーガンではなくプラントベースと表記するのか?その理由に迫る!


世界各地に急増する食のアミューズメントパーク「イータリー」人気の3つの理由

2019/02/16

「イタリアの食文化」をテーマに世界各地でフードマーケットを展開し、急成長を遂げている「Eataly(イータリー)」

今トレンドの「フードホール」の先駆けとなったお店で、「フードホールを設立しようと思ったら先ずはイータリーを視察」と言われるほど。

そんな飲食業界から大注目の「イータリー」とはどのようなお店で、何がそこまで人々を惹き付けているのでしょうか?


長時間のフライトもツラくない!気軽に利用できる航空会社のヘルシーフライトサービス

2019/02/13

世界を飛び回る仕事をしているビジネスマンの頭を悩ますものの一つが「長期フライト」。

東京から「世界の中心」ニューヨークまでのフライト時間は直行便でも12時間以上。ビジネスクラスならまだしもエコノミークラスでの移動となると、身体への負担は計り知れません。

そんな中、今世界では機内食をヘルシーなものに変更できたり、健康に配慮したサービスを提供したりと、「ウェルネスサービス」を提供するエアラインが続々登場しています。


上海、ニューヨーク、世界の大都市に次々オープンする「Starbucks Reserve Roastery」が目指すポジションは?

2019/01/29

スターバックスの高級業態店「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」

2014年にアメリカ・シアトルにオープン以降、上海、ミラノ、ニューヨーク、中目黒と世界の大都市に次々とオープンし、話題となっています。

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」上海店に足を運んでみて感じたこと、そしてスタバが今後取るべきマーケティング戦略について考えてみました!


2斤でまさかの1000円!?「高級食パン」ブームのなぜ

2019/01/29

2斤で1,000円近くする価格の高級食パンが今大人気である。通常の食パンの2倍以上の価格にも関わらず、全国各地で高級食パン専門店が次々とオープンしている。

果たして高級食パンは価格に見合うだけの価値があるのか?各社どのような違いがあるのか?

それを調べるために、厳選した4種の高級食パンを徹底的に比較!


ストロー、スプーン、食べられるエコなカトラリーが増えるかも!

2019/01/28

スターバックスやマクドナルドなど多くの飲食店が、環境保全のため、ストローをはじめとしたプラスチック製の食器の使用を控える動きが進んでいます。

サステナビリティが重視される現在、 拡大が期待されるエコなカトラリー市場。

エコなカトラリーメーカーのニーズが高まっていくことでしょう。


「グルテンフリー」ブームで注目を集めるお米の新しい使い方

2019/01/28

パン、ピザ、ケーキ…小麦粉を使った食べ物は美味しいけれど、太りやすいし、身体が冷えてしまうため、できるだけ避けたい…。

そんな美容感度や健康意識の高い人たちに向け、近年注目されている商品が「お米を使ったグルテンフリー商品」

お米を使ったユニークなグルテンフリー商品を紹介!


世界初の完全無人レストラン「eatsa」から読み解く飲食店の未来

2019/01/25

無人化・自動化が進められている外食産業。

その先駆けとなったお店がサンフランシスコにあるファストフード店「eatsa(イーツァ)」です。

「世界初となる無人ファストフード店」としてオープンしたeatsaに、実際に足を運んでみました!


なぜ今、米国の小売業界で「フードホール」が大人気なのか?

2019/01/23

今アメリカでの小売業界で注目されているのが「フードホール」

フードホールとは、カジュアルで安価な食事を提供しているイメージがあるフードコートに高級感を持たせたり、トレンドの店舗を集めたりして構成された食事スペースのこと。

なぜ今次々にフード―ホールが作られているのか?その謎に迫る!


ゴールデンウィークの旅行におすすめ!異国情緒溢れる陽気な街マイアミの魅力

2019/01/20

バケーションでオススメしたいのがアメリカにあるリゾートシティ・マイアミ。

日本からは少し距離があるものの、キューバ文化を受け継いだ異国情緒溢れるこの街は日本人観光客も少ない穴場スポット。

そんなマイアミの魅力を紹介!


ハーバードOBが立ち上げたビーガン・ファストフード店「Clover Food Lab」に学ぶ熱狂的ファンの作り方

2019/01/05

ヘルシー志向が高まるボストンで人気のお店の1つが「Clover Food Lab」

ハーバード大学ビジネススクールの卒業生が立ち上げたカフェで2008年にフードトラック店としてスタートし、現在ボストン市内に12店舗を抱えるまでに成長しています。

急成長の理由は、顧客に寄り添い、深いコミュニケーションを継続して取り続けることで、「Clover Food Labブランド」に特別な思い入れを抱く「熱狂的ファン」を創出したことにありました!


ニューヨーカーが夢中になる〝ウェルネスライフ〟がテーマのカフェ「Dr.Smood」

2019/01/02

今ニューヨーカーが注目している「ウェルネスライフ」をコンセプトにしたカフェ「Dr. Smood」

デンマークの起業家であるReneと、その妻であり建築家・モデル・女優であるPatrizaによって設立された人気のカフェです。

ニューヨーカーの心を癒すカフェの人気の秘密を分析!


アメリカで広がる大麻抽出成分のCBDを使用したフードとは?

2018/12/29

ニューヨークのお洒落ホテルとして名高い「Ace Hotel」内にあるバー「The Breslin」

ここでは、大麻(マリファナ)に含まれている化学物質「カンナビジオール(CBD)」を使用したブラウニーやカクテルが販売されている。

今アメリカで続々登場しているCBDを使った食品とは?!


ニューヨーク発!レストランと映画が融合したダイン・イン・シアター「iPic」とは?

2018/12/29

寝そべりながら映画を観るピローシネマや、お風呂に浸かりながら映画を観るホットタブシネマなど、「体験型映画館」が世界各地で増えている。

そんな中、今アメリカでブームになっているのは、映画館とレストランが融合した「ダイン・イン・シアター」である。
映画館から足が遠のいている大人の観客層をターゲットにしたものだ。様々な企業がダイン・イン・シアター市場に参入しているが、中でも人気を集めているのは「iPic Theater」

iPicを体験して感じた、今後映画館に求められることとは?


全粒粉?ライ麦?スペルト小麦?〝カラダにいいパン〟って結局どれなの?

2018/12/18

最近よく聞くワード「グルテンフリー」


全粒粉や米粉などを使用したグルテンフリーのパンが続々と登場していますが、これらの粉の違いや特徴は何なのか?どんな栄養価があるのか?などの疑問を、無漂白の全粒粉やライ麦を使用するなど小麦粉に拘りを持たれ、ボストンで数々の賞を受賞している「Clear Flour Bread」のシェフである益山洋三氏にインタビュー!


アメリカのスターバックス限定の「プロテインボックス」が微妙だったのでオリジナルのプロテインボックスを作ってみた

2018/12/18

圧倒的ブランドを誇るカフェ「スターバックス」

アメリカ限定で「プロテインボックス」という商品をご存知でしょうか?

たんぱく質重要が高まるアメリカで、2017年に「たんぱく質を沢山摂取できるフードが欲しい」「抗生物質を含まない肉類を使用したフードが欲しい」という顧客の要望に応えて、アメリカのスターバックスが発売しました。

実食レポート!


市場規模は1700万ドル!アメリカで「カリフラワーフード」が人気の理由

2018/12/12

数年前からアメリカでは、糖質を多く含むハイカロリーな小麦や米などの炭水化物の代替品として、野菜を使った食品の人気が高まっています。

その中でも最近特に人気なのが「カリフラワー」を使った食品。

アメリカのスーパーで発見したユニークなカリフラワー食品とは?そして、なぜ今カリフラワーフードが人気なのか?その理由に迫る!


全米No.1のサラダ専門店「Sweetgreen」に学ぶコミュニティ・マーケティング論

2018/12/05

最近よく耳にする「コミュニティ・マーケティング」

コミュニティ・マーケティング に成功した飲食店の事例として、アメリカの「Sweetgreen」が挙げられます。

同店では、「本物の食で人々をつなげる」という企業ビジョンに則り、様々なコミュニティ・マーケティング施策を実施してきました。


必要な栄養素を全て摂取できる話題の完全食「BASE PASTA」を食べてみた!

2018/12/04

最近メディアで話題の完全食「BASE PASTA」

完全食とは何なのか?普通のパスタとどこが異なるのか?どんな味がするのか?

これらの疑問を解決するために、この未知なる食品について徹底分析!


世界が注目するミレニアル世代の食事情

2018/11/27

最近よく聞く「ミレニアル世代」というワード。

インターネット環境が整ったころに育った最初の世代(1981年~1996年の間に生まれた人) 「ミレニアル世代」は、自動車や飲酒などの嗜好品にかける費用が少なかったりと、消費にシビアだと言われています。

その一方で、交際費や自分磨きへの消費意識は高く、自分の感性にあったものに対しての投資は惜しみません。

今このような特徴を持っているミレニアル世代が食に抱いている価値観や、彼らが食マーケットに及ぼす影響を分析!


ハーバード大学研究者が指南する体に良いたんぱく質と悪いたんぱく質

2018/11/24

今アメリカでは空前の「たんぱく質」ブーム。

「たんぱく質が多く含まれた食品」と言うと、筋トレユーザーが筋力アップを目的に食べているイメージがありますが、たんぱく質を摂取するとどのような効果があるのでしょうか?また、たんぱく質を効率的に摂取するためには何を食べたら良いのでしょうか?

その疑問を解決するために、ハーバード大学・公衆衛生学科の研究者にインタビュー!


2019年のフードトレンド大予測!覚えておきたい8つのキーワード

2018/11/24

2018年も残すところあとわずか。

2018年はビーガンフード植物性たんぱく質など様々なフードがヒットしましたが、2019年はどのようなフードトレンドが到来するのでしょうか?

ニューヨークの食品&飲食店コンサルティングファーム「BAUN + WHITE」が先日発表したレポートを元に、2019年の食トレンドについて、①Product ②Service ③Marketの3つの観点で分析!


なぜハーバード大学の研究者は毎日リンゴを食べるのか?

2018/11/21

An apple a day keeps the doctor away. (1日1個リンゴを食べていたら、医者とは無縁の生活を送れる)

という諺が浸透しているアメリカでは、とにかくリンゴが大人気。

リンゴにはどのような栄養分が含まれていて、私たちの身体にどのような効果を与えるのか?最も栄養が吸収できる食べ方は何なのか?

その疑問を解決するために、ハーバード大学・公衆衛生学科の研究者にインタビュー!


アメリカで最も予約の取れないレストラン「シェパニーズ」でいただく絶品料理

2018/11/21

フランス、イタリア、ギリシャ、メキシコ、中国、タイ…ヨーロッパからアジアに渡るまで、様々な民族が住んでいる、移民の街サンフランシスコ。

それぞれの民族が持つ食文化が互いに影響し合うことで、多様な食文化が生まれ「美食の街」とも呼ばれています。

数多くの有名レストランがありますが、その中でも抜群の人気を誇っているのが「シェパニーズ」。

数多くの賞を受賞し、「アメリカで最も予約の取れないレストラン」とも言われているシェパニーズの人気の秘訣を探るべぐ、実際にお店に足を運んできました!


レジのないコンビニ「Amazon GO」は日本のコンビニの脅威となるか?

2018/11/20

今年の1月にAmazonの本社があるシアトルに1号店をオープンした、レジ無しコンビニ「Amazon GO」。

今話題の「Amazon GO」を体験すべく、先月23日にオープンしたばかりのAmazon Go サンフランシスコ店を訪れてみました!


「ダンキンドーナツ」から「ダンキン」へ。社名変更がブランディングにもたらす影響

2018/11/09

ボストン発祥のドーナツ店「Dunkin’ Donuts(ダンキンドーナツ)」

世界30か国以上で約10,000店舗以上を展開する巨大ドーナツチェーンとして有名だ。

そんなダンキンドーナツが慣れ親しんだ店名を「ダンキン」に変更することが先日発表された。

なぜ慣れ親しんだ店名を今変えるのか?店名が変わることでどのような影響が出てくるのか?について分析!


急成長中の米国の人気スーパー「トレーダージョーズ」が提供する安さ+αの価値

2018/11/09

かつて「オーガニック食品を展開するスーパー」として特別なポジションを築いていたアメリカの人気スーパーマーケット「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」 を脅かす存在になっている、 「Trader Joe’s(トレーダージョーズ)」

トレーダージョーズの取ったマーケティング戦略を分析!


ミレア二ル世代の心を掴んだビーガンフードのファストフード店「by CHLOE」

2018/11/02

アメリカのビーガンフード市場を切り開いたNY発のカフェ「by CHLOE(バイ・クロエ)」。 オープンからたった1年で1,000万ドルの売り上げを記録するなど、100%ビーガンフードを提供しているチェーン店としては例を見ない伸びとなっています。

by CHLOEがどのようにして、ターゲットであるミレニアル世代の心を掴んだかに迫る!


ハーバード大卒の経営コンサルタントがベーカリーシェフへ転身した理由

2018/11/01

「自分の本当に好きなことを仕事にした方が人生が豊かになるのではないか?」

このような想いの下、経営コンサルタントという職業を捨て、自分の本当に好きなこと「焼き菓子作り」を仕事にして成功を収めた、ハーバード大学卒業のジョアンナ・チャンがオープンさせた、ボストンの人気ベーカリーカフェ「Flour Bakery +Café(フラワーベーカリーカフェ)」

その魅力に迫る!


ボストンで話題のロボットレストランから考える未来の飲食店の姿

2018/10/25

マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生4人組がオープンした、 ボストンにあるロボットレストラン「spyce(スパイス)」

自動調理機の並んだ店内を「無機質な空間」ではなく、「エンタメ空間」に変えたスパイスの魅力、そしてスパイスに訪れて感じた今後の飲食店の未来について考察!


フードロス問題の解決策として期待されるアプリ「Food for All」の問題点

2018/10/14

本来まだ食べられるものが、賞味期限や形崩れなどを理由に日々大量に捨てられていってしまう「フードロス問題」。

この課題の解決策としてハーバード大学提携のもと誕生したアプリ「Food for All」を使用した感想、利用店舗へのインタビューを紹介!


コンブチャに納豆アイス!?アジア発の発酵食品がアメリカで人気なワケ

2018/10/12

ニューヨークで初の発酵食品フェスティバル「Fermentation Festival」が開催されるなど、アメリカでは今発酵食品がブーム。

今までアメリカで受け入れられてこなかった「納豆」などアジア発の発酵食品がブレイクした理由について探ります!


アメリカ発、植物性たんぱく質ブームは日本にも到来するか?

2018/10/07

アメリカでは、 豆やエンドウ豆などで作ったフェイクミート「ビヨンドミート」や、 「マングビーン(緑豆)」という豆を使って作ったフェイクマヨネーズ「ジャスト・スクランブル」 など、植物性たんぱく質を使用した商品がヒット。

日本でも近いうちに到来するであろう「植物性たんぱく質ブーム」に備えて食品会社がすべきことを検討!


アメリカのファーマーズマーケット人気を支えるマーケター農家の存在感

2018/10/06

アメリカで人気のファーマーズマーケット。

アメリカのファーマーズマーケットの人気を支えるのは、「商品の魅力を最大限PRできる売り方を自ら考えられるマーケター農家」にありました!


ヘルシーなファストフードへ!進化し続けるアメリカのファストフード店を現地リポート

2018/09/22

マクドナルド、バーガーキング、ダンキンドーナツ…
アメリカ発祥のファストフードというと、「ハイカロリーで、脂っこくて、身体に悪いもの」とイメージされる方が多いのではないでしょうか?

しかし、「自己管理能力を判断する上でも、他国よりも外見を重視する傾向が強い」と言われているアメリカでは、意識の高い層を中心に、ヘルシーフードへのニーズが高まっており、NYではヘルシー・ファストフード店が続々オープンしています。

NYで人気のヘルシーファストフード店と成功要因について分析!


ひよこ豆スナックに、バターも!?アメリカで巻き起こる「ひよこ豆ブーム」の謎

2018/09/18

ヘルシー志向が高まるアメリカで今人気なのが「ひよこ豆」。

スーパーでは、ひよこ豆を使った様々な食品が陳列されていたり、NYではフムスを使った様々な料理が食べられるフムス専門店「Hummus Market」がオープンしたり、ハンバーガーショップに行っても、ひよこ豆を使用したサラダが提供されるなど、まさに空前のひよこ豆ブーム。

ひよこ豆人気の理由に迫る!