ドーナツランにビールラン?!ボストンで美味しいエクササイズイベントが無料で開催される理由

ボストンで暮らすようになって一番変わったこと

それは、運動を定期的にするようになったこと!

東京で会社員をしていた時は、朝から晩まで会社でパソコンに向かっていたため、運動といえば家から駅まで歩くことくらい。

ファッション雑誌に出てくるスタイル抜群のモデルさんを見ては「よし!運動してナイスバデーになろう!」と決意し、朝ランニングをしたり、パーソナルトレーニングに通うものの、ナマケモノで飽き性の私。

すぐにその熱は冷めてしまい、運動を習慣化することができませんでした。


なぜ、ボストンに来て運動が習慣化したのか?

その理由は、ボストンが「食とコラボした楽しいエクササイズイベント」に溢れているからです。

ボストンで体験した美味しいイベントをいくつか紹介します。

ドーナツラン

4マイル(約6.4km)走った後、好きなだけドーナツが食べられる、ヘルシーなんだかアンヘルシーなんだかよく分からないイベント。

「ドーナツ食べ放題」と言うと「安かろう悪かろう」なマズいドーナツが出てくるのかと思いきや、「Boston Best Donut」にも選ばれた有名ドーナツ店「Union Square Donuts(ユニオンスクエアドーナツ)」のドーナツが提供されます。

↑ビーガンドーナツが用意されているのがアメリカっぽい。

スポーツウェアブランドの「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と有名ドーナツ店の「ユニオンスクエア」が協賛のこのイベントは、参加費無料というから驚き。

ドーナツ大好きアメリカ人はこの美味しいイベントに大興奮。
走る前から「今日はね、ドーナツのためにこのイベントに参加したのよ!」「早くドーナツ食べたいわね!」と知らない人からすごいテンションで話しかけられました。

平日の18時半に行われたこのイベントですが、60人くらいの人が参加。
みんなドーナツのために仕事を早く切り上げてきたんですね…!溢れるドーナツ愛。

ちなみにこのイベントは、Facebookページが作成されており、そこでどのドーナツが一番好きか?という人気投票が行われます。

そこで多くの投票数を獲得したドーナツが当日配布される、という仕組みになっています。
本番までの盛り上げも抜かりない。さすがドーナツ大好きアメリカ人。

余談ですが、ドーナツ総選挙で1位に輝いたのは、「ブラウンバター・ヘーゼルナッツクランチ」

美味しすぎて何度もお代わりしてしまった…。

2位の「メープルベーコン」は、ユニオンスクエアの名物ドーナツで、ベーコンのしょっぱさとメープルの甘さが絶妙です。

悪くはない味だけど、個人的にはベーコンは単体で食べたいかな。笑

ビールラン

そしてTwitterでもつぶやいたのですが、

先日参加したのが「ビールラン」
ブリュワリーまでの道のり3マイル(約4.8km)をランニングした後、ビールを飲むイベントです。

参加費無料なのに、無料でビールが1杯飲めるという呑兵衛にとってはウハウハなイベント。
走るのがあまり得意でない人でも、ビールが待っていると思うと頑張れますよね。

小雨が降っており天気は良くなかったものの、ボストンの人気地ビール「Harpoon(ハープーン)」のビールが飲めるとあって、みんなハイテンション。

ゴールであるブリュワリーに到着したら、ビールをゴクリ。
汗をかいた後飲むビールはなんでこんなに美味しいんでしょう!

人見知りの私ですが、イイ感じにお酒が入ることで知らない人とも話せるように。「ランニングどうだった?次はどんなランニングイベントに参加するの?」なんて話しながら、ワイワイ楽しめました。

ちなみに、ブリュワリーではランイベントだけでなくヨガイベントなども開催されています。

週末の朝、オープン前のブリュワリー で開催されたヨガイベントでは、バーフロアにヨガマットをずらりと並べ、地元のヨガインストラクターの指導のもとヨガを楽しみ、ヨガ終了後はバーで出来立てのビールをみんなで飲みました。


なぜ無料でイベントが開催されているのか?

スポーツウェアブランドやブリュワリーが、無料で「美味しいエクササイズイベント」を開催している理由。

それは、「食」をフックに新規顧客を開拓したい、ブランドのファンになって欲しいという想いがあるからです。

1.ターゲット層に効率的にアプローチできる

例えばアンダーアーマーとユニオンスクエアがスポンサーのドーナツラン。

ランニングのスタートとゴールはアンダーアーマーの店舗になっているため、必然的に参加者はアンダーアーマーの商品を見ることになります。

さらにこのイベントに参加した人には、アンダーアーマーの15%割引券がもらえるので、気になった商品があれば「買ってみようかな」という気持ちになってきます。

イベントのスポンサーになることで、アンダーアーマーは「顧客ではないが、ターゲットになりうる運動好きでアクティブな人を、ドーナツをエサにイベントへと誘引し、自社商品に関心を抱いてもらい、商品を購入してもらう」ことが可能になるのです。

2.ブランドコミュニティを形成できる

あるいはブリュワリーで開催されたヨガイベントやランニングイベント。

最近、「若者がビールを飲まなくなってきた」という声を日本でもアメリカでも耳にします。
こちらは、Collage Groupが2018年に実施した「アルコールに期待する効果」に関する調査。

「Collage Group」のグラフを元に作成

X世代やベビーブーマーと比較して、ミレニアル世代(特に若い世代)は「リラックスするためにアルコールを飲む」と回答した割合が低く、逆に「新しい仲間と関係性を築くためにアルコールを飲む」と回答した割合が高くなっています。

つまり、ストレス発散のツールというより、コミュニケーションツールとしてアルコールを捉えているのがミレニアル世代の特徴

ビールそのものをPRするのではなく、ビールを活用したコミュニケーションの場(コミュニティ)を提供することで、アルコール離れが進むミレニアル世代に対して、ブランドのファンになってもらっているのです。


たとえ消費カロリー<摂取カロリーであっても問題なし!

「運動した後にビールやドーナツを食べていたら、逆に太ってしまうのでは…」という声も出てきそうですが、継続的に運動をするにはやはり楽しむことが一番。

たとえ「消費カロリー<摂取カロリー」であっても、友達同士でワイワイ楽しみながら運動し、美味しいものを食べ、「楽しかった!また運動しよう!」と思えたら良いじゃないか!というのが私の意見。
だって運動を習慣化するためには、何よりも先ず楽しむことが大事だから。

最近ではイベントに参加するだけでは飽き足らず、「bRUNch(ブランチ)」というイベントを企画しています。

これは、美味しいブランチが食べられるレストランをゴールにして、みんなでランニングを楽しむイベント。

スポーツウェアで街を闊歩したり、カフェに入ることが普通のアメリカだからできるイベントですが、日本に帰国してからもこのイベントは続けたいと思っています。

スタートアップシティ・ボストンではお酒を飲みながら投資家に交渉?!

なぜボストンでスタートアップが生まれやすいのか?

ハーバードやMITなど名立たる大学が集まる学術都市ボストン。
実は全米第2位のスタートアップシティでもあるんです。

ハーバード大学

ボストンでスタートアップが生まれやすい理由として、以下の3つのことが挙げられます。


①起業を身近に考えられる教育制度

Photo by 祝 鹤槐 on Pexels.com

MITをはじめとするテクノロジー系の大学では、教授が自分の開発した技術や商品を元に起業をしたり、自分の研究分野と関連している企業の顧問になるなど、アカデミアとビジネスの2足の草鞋を履いています。
このような教授の姿を見て育った学生は、起業を身近に感じているのではないでしょうか。


②ヒトや情報が循環しやすいコンパクトな街

シリコンバレーと異なる点がこれでしょう。
ボストンはとてもコンパクトな街で、且つ電車やバスなどの公共設備が整備されています。
アメリカに住むならば車は必需品とよく言われますが、ボストンでは車がなくても、何の不自由もしません。

大学、企業、オフィスなどが半径5km圏内に収まるほどコンパクトな街であるボストンでは、人や情報が循環しやすく、これがベンチャーが生まれやすい要因になっていると考えられます。


③気軽に情報交換できるコワーキングスペースの存在

Cambridge Innovation Center(CIC)

We Workなど日本でもメジャーとなってきている、フリーランスや起業家が利用するコワーキングスペース。
ボストンで最もメジャーなコワーキングスペースと言えば、「Cambridge Innovation Center(CIC)」
これまでに4,500以上の会社の利用実績があり、現在も1,100社以上が入居しているとのこと。
多くの会社や起業家が集まっているということは、それだけネットワークが拡大し、情報も流れやすいでしょう。

「CIC」内にあるカフェ「ベンチャーカフェ」は毎週木曜に一般解放されているとのことで、足を運んでみました。


ベンチャーカフェとは?

「ベンチャーカフェ」とは、コワーキングスペースを利用している起業家達が、コーヒーブレイクに使ったり、お互いに情報交換や事業のアドバイスをし合ったりする場所。

毎週木曜の15時~20時までは、一般にもこのスペースを開放しており、起業を考えている学生が投資家に自分の事業アイデアをプレゼンしたり、名刺交換をしてネットワークを広げることができます。

ユニークなのは、カフェに併設されているバーでお酒を無料提供しているということ。
格式ばったプレゼンではなく、お酒を飲みながらラフに自分の事業をPRすることができるのです。

私が行った日も、ワイン片手に、パソコンを開き自分の事業をプレゼンしている人を何人か見かけました。


お酒や食事を楽しみながらの交渉にはメリットが

「お酒を飲みながら交渉する」というのは、日本では見られない斬新な形です。
しかし、こういった行為は科学的にも良いと証明されています。

「食事をしながら相手と会話をすると、相手に対して良い感情や印象をもたらすことができるため、こちらの話を受け入れやすい状態を作り出すことができる」

このような事が、アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランの研究で明らかになっています。

「ランチョンテクニック」と呼ばれるこの効果は、美味しい食事に対して良い印象を抱くため、一緒に食事をしている相手に対してもその印象が影響されることで生まれます。


お願いする時は楽しい雰囲気を作り出すことが重要!

何かお願い事がある時や、重要な交渉をする時は、美味しい食事で相手をもてなして、楽しい雰囲気を作り出すことが重要です。

美味しい食事やお酒は、仕事にもイキてきますね!


今回の記事に記載したような、「食と栄養の関係性」を中心に「心身共にヘルシーな生活を送る方法」について学べる資格「米国代替医療協会認定のホリスティック ヘルスコーチ」

ミランダ・カーも学んだNYの栄養学校「IIN(Institute for Integrative Nutrition)」が運営しており、 最新の栄養学をオンラインで学ぶことができます。

興味がある方は、コチからカリキュラムをご覧ください。

詳細や疑問点などがある方は 、お問合せフォームからお気軽にどうぞ。紹介割引もお受けしています。

グルテンフリーブームのアメリカで今話題の「ズードル」とは?

今アメリカで話題の「ズードル」

最近ハマっている食べ物と言えば「ズードル」


ズードルとは?

ズードルとはズッキーニを細長くスライスして作ったフェイク・パスタのこと。
ズッキーニ+ヌードルで「ズードル」というネーミングセンスがユニーク。

通常の小麦粉で作ったパスタは1人前(250g)約370kcal(ソースは含まない)ですが、ズードルは1人前約60kcal。カロリーを約6分の1に抑えることができます。


ズードルはどこで食べられる?

日本ではまだあまり見かけることのない「ズードル」ですが、ボストンでは手軽に食べることができます。
例えば、現在ボストンで店舗拡大中の 「Mini Grow」

今アメリカでトレンドの「カスタマイズ・ボウル」を作れるファストフード店です。

このお店では、「ズードル」だけでなく、ビーツを使った色鮮やかなビーツパスタや、ホウレン草を練りこんだ「ウレン草パスタなど多くの種類のパスタが用意されています。
ベースとなるパスタを選び、トマトやブロッコリーなどの野菜を好きなだけ加えて、約9ドルととてもリーズナブル。

炭水化物が使用されていないため満腹感に欠けるかと思いきや、噛み応えがあるズードルと、ボウル一杯に入った野菜のお陰で、これ1杯で十分満足感を得ることができます。

ドレッシングも約10種類ほどあり、チョイスするドレッシングによって味が全く異なるため、何回リピートしても楽しめるのも嬉しいポイント。


ズードルは家でも手軽に食べられる!

Whole FoodsやTrader Joe’sなどアメリカの大手スーパーもズードルを販売しており、家でも手軽に楽しむことができます。

先日は、スーパーで買ってきたズードルに、ガーリックシュリンプとトマトを合わせ、「海老のトマトパスタ」ならぬ「海老のトマトズードル」を作りました。遅い時間の夕食など、できるだけ低カロリーにしたい時にオススメ。

また、Amazonなどでは野菜をパスタ状にスライスできるマシンも販売されており、お家で簡単にズッキーニだけでなく人参やかぼちゃなど好きな野菜をパスタにすることができます。



グルテンフリーブームのアメリカで支持されるズードル

カリフラワーで作られたニョッキやピザなど、グルテンフリーの商品ラインナップが多いのがアメリカの近年の食トレンド。
ちなみにアメリカのグルテンフリー食品市場は現在約50億円で、2024年には76億円まで拡大するとも言われています。

拡大するグルテンフリー市場において、「パスタは好きだけれど、小麦粉は摂取したくない…」そんな風に思っている人の心を掴んだズードル人気はまだまだ続きそうです。

ついにアメリカの国民食「ピザ」までヘルシーに?!

アメリカの国民食と言えばピザ

アメリカ人はとにかくピザが大好き。
ホームパーティーに行くと必ずピザが出てくるし、街を歩いているとそこら中でピザ屋を目にします。

アメリカ全土で1秒間に350スライスのピザが消費され、アメリカにある全てのレストランのうち17%はピザ屋で、アメリカ人は1人あたり年間10.4kgのピザを食べ、ピザを取り巻くマーケットは年間300億ドル(約3.3兆円)というデータも出ています。


毎月何かしらピザにまつわる記念日が?!

また、アメリカではピザにまつわる記念日が多数設定されています。

2月8日は、「National Pizza Day(ピザの日)」という、特に意味はないが「みんなで楽しくピザを食べよう!」という、何ともアメリカらしい大雑把な日。

この日は多くのピザ屋が無料でピザを提供したり、「Buy 1, Get 1 Free」(1枚ピザを買ったら、もう1枚無料でもらえる)など、様々なキャンペーンが実施されました。

11月12日は、「National Pizza With Everything Day Except Anchovies(全部乗せピザの日※但しアンチョビは除く)」という、これまたよく分からない日。
(ソーセージ、ベーコン、チーズ、オニオン…何でも乗せて良いが、アンチョビをはじめとする魚介類は乗せてはいけないらしい。謎。)

さらに、1984年10月に初めてピザをテーマにした雑誌「Pizza Today」が発行された月を祝って10月は「ピザ月間」に指定されています。

Photo: Pizza Today

(わざわざピザ月間を制定しなくても、アメリカ人は毎日ピザを食べると思う。
そして、Pizza Todayという雑誌が発売されていること自体がスゴイ。)

ちなみに3/11は「3.11=円周率=π=パイの日」なのですが、この日もなぜかパイではなくピザが無料で配布されたり、みんなでピザを食べるイベントが開催されたりと、ピザを食べる日になっていました。

Photo: https://www.piefivepizza.com/

「何かしらにかこつけて、ピザを食べたい!」というアメリカ人のピザに対する情熱を分かって頂けるかと思います。


そんな国民食ピザに変化の兆しが…!

最近では健康意識の高まりから、ヘルシーピザを販売するメーカーや店舗が続々と登場しています。

例えば、アメリカの人気スーパー「トレーダージョーズ」からは、カリフラワーで作ったピザや、ブロッコリー&ケールで作ったピザが発売されて人気となっています。

実際に食べてみましたが、小麦粉が使用されていないため、通常のピザと比較して少しパサついており、ピザのようなジャンキーさを得ることはできません。
しかし、チーズやソーセージなどトッピング次第では美味しくアレンジできました。

また、ニューヨークで人気の「&Pizza」というピザショップでは、グルテンフリーのピザ生地やビーガンチーズをチョイスできるなど、拡大するビーガンに訴求した商品を提供しています。

通常、ピザと言えば真ん丸な形がメジャーですが、&Pizzaのピザ生地は楕円形で、そこに好きな具材を好きなだけトッピングし、オリジナルピザを作ることができます。

グルテンフリーのピザ生地に変更したり($2追加)、肉ではなく野菜メインにして、且つ塩分が少ないソースにするなど、カスタマイズ次第でヘルシーなピザを作ることができます。

こちらは、前述のカリフラワーピザよりもパサパサ感がなく、言われなければグルテンフリーのものだとは気付かないほど美味しかったです。


「ピザは好きだけれど、健康のことを考えると控えた方が良いのかも…」と思っているアメリカ人に向け、米粉ピザなどが流行るのではないかな?と個人的には思っています。

ヘルスコンシャスなアメリカ人の心を捉えることができれば、「Japanese Pizza Day」がアメリカで制定される日が到来するかもしれません。

キャッシュレス化が進むアメリカの飲食店

アメリカの飲食店ではキャッシュレス化(クレジットカードやデビットカード、あるいはApple PayやGoogle Payなどの電子マネーなど、現金以外のツールで支払いを行うこと)が進んでいます。


完全キャッシュレスを進める店「Sweetgreen」

例えば、ニューヨークで大人気のサラダ専門店「Sweetgreen(スイートグリーン)」

スイートグリーンは「完全キャッシュレス」を掲げており、全米でキャッシュレス化を展開しています。

※ただし、「クレジットの使用を要求することによって現金購入者を差別することはできない」という理由から、法律で小売業者が現金払いのオプションを提供しないことを違法としている、私の住むマサチューセッツ州では、現金でも購入できます。


購入方法は?

公式アプリから商品を注文し、事前決済で購入します。

アプリを開くと、現在地から最も近いお店を中心に店舗が表示されるので、受取店舗を選択します。

そして、アプリ上で、メイン、プロテイン、ドレッシングなど様々なカテゴリから好きなものをチョイスして自分好みの「オリジナルサラダ」を作ります。

行列時は、店頭でゆっくり食材をチョイスすることが難しいので、アプリ上でじっくり食材を吟味できる事前注文は有難いシステムです。

あとは店に行って、ピックアップ用の棚から自分がオーダーした商品を受け取るだけ。急いでいる時は並ぶ必要なく受け取れて楽ちん。

驚いたのは、引き取る際、店員に領収書などを見せないということ。信用で成り立っているんですね…!


アプリ決済だとメリットも沢山!

アプリ決済にすると、注文が楽なだけでなく、アプリを介して支払うと、ユーザーは100ドルを支払うごとに10ドルを受け取ることができるため、店で都度お金を支払うよりも圧倒的にお得です。

さらに、購入金額に応じて会員グレードが付与され、上級会員になると音楽フェス「Sweet Life」をはじめとする様々なイベントに参加することができます。

Photo: Sweetgreen

スイートグリーンによると、注文の50%はモバイルアプリケーションを介して行われており、100万人以上がアプリをダウンロードしているそうです。


アメリカでキャッシュレス化が進む理由とは?

①顧客に迅速なサービスを提供できる

スイートグリーンのように、休憩時間など仕事の合間をぬって訪れる忙しいビジネスパーソンが多い飲食店では、商品を受け取るまでのスピードが重要になってきます。
そのため、事前注文&事前決済により、スムーズなオペレーションを提供できることは、顧客に大きな価値を提供できます。

スイートグリーンは、「従業員が現金を処理する必要がなければ、従業員は1時間に5〜15%も多く取引を行うことができる」と言っています。


②従業員の不正や強盗被害を防止できる

従業員が売上金を盗んだり、強盗や盗難の被害に遭う飲食店が多いアメリカでは、キャッシュレス化にすることで、これらの被害を予防しています。

キャッシュレス化にすることで店の売上を透明にできるし、さらに売上の現金集計をする必要もなくなるため、責任者の業務量軽減にも繋がります。


③顧客との関係をよりパーソナライズ化できる

キャッシュレス化にすることで、顧客の性年代、購入商品データ、購入頻度などのデータを全て取得することができます。
顧客のデータに応じて、プロモーションメールを送ったりすることで、訪問頻度を上げる施策を実施できます。

スイートグリーンによると、モバイル会員は平均で月に4回来店しているそうです。
さらに、現在のモバイル会員の12%は、既に会員だった知人から勧められて会員になったことも明らかにっており、モバイル会員のブランドへのコミットが高いことも分かります。


なぜ日本でキャッシュレスが進まないのか?

このように生活者にとっても、飲食店側にとってもメリットが多いキャッシュレス化ですが、日本では普及していないのが現状です。

平成30年4月に経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」によると、日本のキャッシュレス決済比率は18%と、他の先進国と比較してはるかに遅れています。

日本でキャッシュレス化が浸透しない理由は(1)店舗(2)社会情勢(3)政府の3つに原因があると考えられます。

(1)店舗

キャッシュレス化に対応するためには、店舗はかなりのコストが必要となってきます。

システムを導入する際にかかる初期コスト、現金取引では発生しない運用コスト、従業員教育などの教育コスト。さらに、現金支払いであればその場で売上金が手に入りますが、キャッシュレス化にした場合、売上金が手に入るのはタイムラグが発生します。

(2)社会情勢

偽札の流通が少ない日本において、現金に対する信頼度は高く、キャッシュレスの必要性が低いと考えられます。ちなみに中国では、偽札や脱税の多さからキャッシュレス化が進んだそうです。

また、治安が良い日本では強盗や盗難の数が少ないため、「現金を持ち歩いていても安心」「現金を盗まれるリスクより、クレジットカードの不正利用や会員情報の漏洩のリスクの方が高い」と考える生活者が多いことも、キャッシュレス化が進まない理由かもしれません。

(3)政府

キャッシュレス化を浸透させるためには、政府による力業もある程度必要です。例えば、アメリカではクレジットカードを使用して期日通りに支払う回数が多いほど、個人信用情報機関が提供する「FICOスコア」が上がり、住宅ローンの金利が下がるなどのインセンティブがあります。

また、前述の「各国のキャッシュレス決済比率」でNo.1の韓国においては、年間クレジットカード利用額の20%を所得控除(上限約30万円)するなど、政府が積極的にインセンティブ施策を実施しています。

今後の展開は?

今後世界中で飲食店のキャッシュレス化が進むことは間違いありません。また、オリンピック開催イヤーとなる2020年、キャッシュレス化が浸透している海外各国から多くの外国人が訪れます。その際、「現金しか使えない店」があることに彼らは間違いなく驚くでしょう。クレジットカードや、電子マネーに対応するキャッシュレス飲食店を増加させることは日本の今後の課題かもしれません。

砂糖は麻薬!甘いものが欲しい時はフルーツを!

甘いものがやめられない…

ちょっとお腹が空いていたから1枚だけクッキーを食べようと思ったら、止まらなくなってしまい気づいたら1箱食べてしまった…


こんな経験はありませんか?

砂糖にはコカインなどの麻薬と同様に、脳内にドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質の放出を促すため、中毒性があるのです。

甘いものを沢山食べていると、糖に耐性が付いてきて、満足する甘さを感じるためにより多くの糖が必要になり、甘いものを食べる量がどんどん増えていってしまうのです。

また、 クッキーやケーキなど小麦粉を使ったスイーツは、GI値(※)が高く、
血糖値が急激に上がってしまいます。血糖値が急激に上がると、食べたその瞬間は満足しますが、消化吸収が早いため、すぐにお腹が空きやすく、またすぐに食べたくなってしまうのです。

※GI値
グリセミック・インデックス。その食品を食べた時に血糖値がどのくらい上がるかを、ブドウ糖を基準(100)として相対的な数値で表したもの。
GI値が低い食べ物ほど、血糖値が上がりにくく、消化吸収が緩やかなため、ダイエットには効果的。

砂糖中毒にならないためにも、甘いものが欲しくなったら砂糖がたっぷり使われたスイーツではなく、フルーツを食べることをオススメします。


フルーツに入っている糖は砂糖とは異なる

フルーツに含まれている糖は、砂糖と異なり麻薬のような効果はありませんし、GI値も低いため、食べた瞬間また食べたくなる、というような悪循環に陥ることもありません。


バナナやリンゴなど手軽に食べられるフルーツをストックしておくと良いでしょう。

余談ですが、ハーバード公衆衛生学科の研究者達はいつもリンゴを持参し、ランチや小腹が空いた時間に、皮付きリンゴにかぶりついています。


スムージーにするのもオススメ

フルーツをそのままかじるのではなく、複数種類のフルーツや野菜と合わせてスムージーにするのもオススメです。

スムージーにすると

・液体状になるので、普通に食べるより多くのフルーツや野菜を摂取できる

・フルーツや野菜に含まれている栄養を、より早く簡単に身体に吸収することができる

・フルーツと混ぜ合わせることで、苦手な野菜も食べやすくなる

などのメリットがあります。


おすすめのスムージーレシピ

ホウレン草、バナナ、キウイのスムージー

美肌効果のあるキウイとホウレン草を使ったスムージー。

パパイヤとマンゴーとオレンジのスムージー

ビタミンCがたっぷり含まれたパパイヤとオレンジを使った、アンチエイジング効果のあるスムージー。免疫力を高め、生活習慣病の予防にもなります。


フードプロセッサーで作ると噛み応えのあるスムージーに

ちなみに我が家では、スムージーを作るときはミキサーではなく、フードプロセッサーで作っています。(クイジナートのものを使っています。)

ミキサーよりも荒い仕上がりになりますが、その分、野菜や果物本来の食感を楽しむことができるので、噛み応えがあって満腹感を感じられるスムージーになります。

スムージーだけでなく、野菜のみじん切りや千切り、手ごねパンなどもできるので、これ1台あると料理の幅が広がりますよ!


今回の記事に記載したような、「食と栄養の関係性」を中心に「心身共にヘルシーな生活を送る方法」について学べる資格「米国代替医療協会認定のホリスティック ヘルスコーチ」

ミランダ・カーも学んだNYの栄養学校「IIN(Institute for Integrative Nutrition)」が運営しており、 最新の栄養学をオンラインで学ぶことができます。

興味がある方は、コチからカリキュラムをご覧ください。

詳細や疑問点などがある方は 、お問合せフォームからお気軽にどうぞ。紹介割引もお受けしています。

次のトレンド料理はヘルシーでフォトジェニックなイスラエル料理?!

アメリカに住んで良かったこと

アメリカに住んで良かったことの1つに「世界各国の料理が食べられること」があります。

移民の国アメリカでは、見たことも聞いたこともないような世界の料理が沢山あります。


ネクストブレイクの世界の料理は?

私が次にブレイクするのでは?と考える世界の料理。それは「イスラエル料理」です。

日本では「フムス」くらいしか馴染みのないイスラエル料理ですが、アメリカではイスラエル料理を提供するレストランが沢山あります。

フムス

なぜイスラエル料理がネクストブームになると考えるのか?その理由についてお話したいと思います。


1.野菜をふんだんに使ったヘルシーな料理が多い

イスラエルには地中海の恵みを受けた、新鮮で質の良い野菜や果物が豊富に揃っているため、野菜をふんだんに使ったヘルシーな料理が多いのが特徴。

例えば、 「シャクシュカ」

「イスラエル版目玉焼き」とも言われるこの料理。
オリーブオイルで炒めたニンニク、タマネギ、トマトをナツメグなどのスパイスで味付けし、真ん中に半熟卵を落としたら完成。パンにソースを付けながら頂きます。

そして、このシャクシュカ。
美肌効果やアンチエイジング効果のある野菜がたっぷり使われているため、とってもヘルシーな料理なのです。


2.目でも舌でも楽しめる独創的な料理が多い

ユダヤとアラブの料理が融合したイスラエル料理は、オリジナリティのある料理が多いのが特徴的。

例えば「イスラエル・ブレックファースト」

パン、卵料理、チーズやハム、イスラエリサラダ(トマト、キュウリ、ペッパーなどのミックスサラダ)、ヨーグルトなど、色んな料理をちょっとずつ詰め合わせてプレートにした、イスラエルの朝ごはん。
(朝ごはんというかランチ並みのボリュームですが…)

「色んなものをちょっとずつ!」というのは、女性の心を鷲掴みにするキーワードでもあります。

あるいは「インジェラ」

エチオピア発祥の料理ですが、エチオピアからの移民が多く生活していることもあり、イスラエルでもよく食べられている料理。

世界最小の穀物で、キヌアに注ぐスーパーフードとして注目を集めている 「テフ」という穀物の粉を水に溶き薄く焼いた、クレープのような食べ物「インジェラ」

野菜のディップをつけて頂きます。
ほんのり酸味が効いたモチモチの生地のインジェラは、グルテンフリー且つ栄養素がたっぷり含まれているので、スーパーフードとしても注目されています。


日本では馴染みの少ないイスラエル料理店ですが、ヘルシーで見た目も良いイスラエル料理がブームとなる日も遠くないかもしれません。

ジャンクフードを食べる時はマインドフルイーティングを

ジャンクフードが食べたくなる時もある!

ヘルシーな食生活を心がけていても、たまにはピザやフライドポテトなどのジャンクフードが食べたくなることもありますよね。

これは自然なこと。我慢する必要はありません。
どうせ食べるならば、罪悪感を抱きながら食べるのではなく、思いっきり楽しみながら食事をしましょう。

ただし、ジャンキーな食事をするのならば、それと同等のカロリーを消費すること。
例えば、ピザを食べるのならばデリバリー注文するのではなく、ランニングしながらピザ屋まで行くことで、脂肪を燃焼させるなど。

気持ちよく食べることができますよ(笑)

そして、ダラダラと食べるのではなく、本当に食べたい量だけ食べることが大切。
テレビやスマホを眺めながら食事をするのではなく、食べることに集中する「マインドフル・イーティング」を実践することで、食べるスピードや食べる量をコントロールしましょう。


マインドフル・イーティングとは?

「マインドフル・イーティング」とは、一言で言うと「食べること」だけに集中することです。
1人でテレビやスマホを眺めながら短時間でご飯を済ませるよりも、誰かと時間をかけて食事をしている時のほうが、同じ量を食べていたとしても満腹感がある。
こんな経験をしたことはありませんか?

五感をフルに使って食事を味わうことで、食べるスピードや食べる量をコントロールし、さらに食事を通して得られる幸福度を上げていこう、というのが「マインドフル・イーティング」です。


科学的に証明されたマインドフル・イーティングで得られること

マインドフル・イーティングには健康メリットがあることが、 科学的にも 証明されています。

1.体重の減少

ハーバード大学から発表された「Current Obesity Reports」で、マインドフル・イーティングは体重コントロールに役立つ可能性がある、と記載されています。また、インディアナ州立大学からは「お腹はいっぱいなのに気持ちが食べたいだけ」という感情に気付かせることで、無駄に食べることが防げる、という研究結果が出ています。

2.うつ症状の解消

インディアナ州立大学とドゥーク大学の共同研究結果で、食事の時間を楽しむことで摂食障害の治療やうつ病の解消に役立つ可能性があることが示唆されています。


マインドフル・イーティングの方法

ハーバード大学公衆衛生大学院で推奨されているマインドフル・イーティングを参考にしながら、実際に私が実践している方法は以下の通りです。

STEP1:適度に空腹な状態で食卓に着く

お腹がペコペコな状態で食卓に着くと、「料理を味わう」ことよりも「胃袋を満たす」ことを優先してしまって食事に集中することできないので、適度に空腹な状態で食卓に着くようにしています。

STEP2:全ての感覚を料理に集中させる

五感で料理を楽しみます。目で食べ物の色や形を、手で食材の触感を、鼻で料理の香りを、耳で噛んでいる時の音を、舌で食べ物の噛み応えや舌ざわりを感じることで、食事の時間がより楽しくなります。

STEP3:少量を口に入れ、よく噛む

口が食べ物でいっぱいな状態では、料理を味わうことはできないため、少しずつ口に入れ、ゆっくり噛んで食べます。ちなみに、1口あたり20~40回噛むことが推奨されています。

ご飯を食べるのに、こんなに時間をかけられない…!という方は、先ずはTVやスマホを見ずに、食事することだけに集中して、一口20回以上噛むところから初めてみてください。満腹感や食事の満足感がきっと変わるはずです。

満腹感は「咀嚼回数×胃の広がり×血糖値の上昇」で決まると言われており、唯一私たちがコントロールできるのが咀嚼回数です。よく噛んで食事をとることで、ドカ食いを防ぐことができます。

マインドフルイーティングをすることで、ドカ食いを防止し、本当に必要な量だけ食べれるような習慣を身に付けましょう。


今回の記事に記載したような、「食と栄養の関係性」を中心に「心身共にヘルシーな生活を送る方法」について学べる資格「米国代替医療協会認定のホリスティック ヘルスコーチ」

ミランダ・カーも学んだNYの栄養学校「IIN(Institute for Integrative Nutrition)」が運営しており、 最新の栄養学をオンラインで学ぶことができます。

興味がある方は、コチからカリキュラムをご覧ください。

詳細や疑問点などがある方は 、お問合せフォームからお気軽にどうぞ。紹介割引もお受けしています。

アメリカで見つけたネクストブレイクのスーパーフード5選

アメリカに住んでいて嬉しいことの1つが、珍しいスーパーフードが安く手に入ること!

今回はアメリカのスーパーで見つけた、日本でもブレイクしそうなヘルシーで美味しいスーパーフード5つを紹介します。


1.テンペ

インドネシア発祥の伝統的な発酵食品で、400年以上前から食べられていたとされている「テンペ」

大豆を煮た後、ハイビスカスやバナナの葉についている「テンペ菌」を大豆に付着させてから発酵させて作ります。日本の「納豆」と製造方法が似ているため、「インドネシアの納豆」とも呼ばれています。

しかし、粘りがあり独特な匂いがある納豆と異なり、粘りもなく匂いもほとんどしないテンペは、納豆が苦手な人でも食べやすいスーパーフードです。

テンペに期待できる効果 ⇒ ダイエット効果

お肉のような食べ応えがあるため、ベジタリアンやダイエット中の人がお肉の代替品として摂取できるテンペ。牛肉や豚肉などの肉類と比較して低カロリーの上、糖質や脂質も少ないです。主食や肉類をテンペに置き換えることにより、糖質の摂取が減り、ダイエットや様々な疾患の予防につながります。

テンペの食べ方

アメリカでは、ハンバーガーなど肉の代わりに使用されることが多いテンペ。
豚肉の生姜焼きを作る要領で、醤油とお酒と生姜で作ったタレに漬け込んで、両面をグリルしただけでも美味しく頂けます。


2.ヘンプシード

麻(ヘンプ)の種(シード)である、ゴマのような見た目のヘンプシード。

キヌアのように茹でたりする必要がなく、そのままの状態でも食べられるため、とても使いやすいスーパーフードです。

ヘンプシードに期待できる効果 ⇒ 整腸効果

ヘンプシードには、さつまいもの約7倍もの不溶性食物繊維が含まれています。食物繊維には、腸の動きを活発にし、老廃物の排出を促す作用があるため、便秘解消や大腸がんの予防抑制などに効果が期待できます。

ヘンプシードの食べ方

ナッツのような味がするヘンプシード。調理する必要がないため、ナッツを使う要領で、サラダ、スムージー、ヨーグルトなどに振りかけて食べるのがオススメです。


3.モリンガ

北インド地方が原産のワサビノキ科の植物である「モリンガ」。亜熱帯の国々では昔から薬や、美容、健康のために利用されていたため、「奇跡の木」とも呼ばれています。

モリンガに期待できる効果 ⇒ アンチエイジング効果

モリンガには、抗酸化や抗炎症作用のあるビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
体内で酸化や炎症が強くなると、動脈硬化が進み様々な病気を引き起こします。また、動脈硬化は肌のシワやシミとも関係してきます。

そのため、抗酸化や抗炎症作用のあるモリンガは生活習慣病の予防や、肌の老化の予防に効果的です。

モリンガの食べ方

抹茶のような緑色の粉末で販売されていることが多い「モリンガ」
ほうれん草とバナナで作ったグリーンスムージーにモリンガを追加して、毎朝飲むのがおすすめ。


4.ファッロ

7千年もの歴史を持つ古代小麦(スペルト小麦)の一種。私たちがよく口にする小麦などは精製されたものですが、ファッロは精白されていないため、栄養が詰まっており、さらには胃腸への負担も軽減されるとあって人気の穀物です。

ファッロに期待できる効果 ⇒ ダイエット

血糖値の上昇のしやすさを数値化したものとして「GI値」があります。GI値が高い食べ物は、血糖値が急激に上昇するため、太りやすいとされています。
食パンのGI値は約90、精白米のGI値は約85なのに対し、ファッロのGI値は40と言われています。

食パンや白米の代わりに、血糖値が上がりにくいファッロを主食にすることで、血糖値があがりにくくダイエット効果が期待できます。

ファッロの食べ方

茹でたファッロに、グリルしたパプリカ、ズッキーニ、ナスとツナを混ぜ、ビネガー、オリーブオイル、塩コショウで作ったドレッシングと混ぜて作る「ファッロと野菜のサラダ」がオススメ。

モチモチとした食感のファッロは腹持ちが良く、これをボウル1杯食べるだけでお腹いっぱいになります。


5.テフ

エチオピア発祥のイネ科の穀物である「テフ」は、直径が約0.7mmで「世界で一番小さな穀物」とも言われています。

小麦と比べて2~3倍の鉄分を含み、タンパク質やカルシウム、ミネラル、繊維も豊富なテフ。「エチオピア人アスリートたちの身体能力が高いのは、テフを食べているからだ」とも言われるほど。

テフに期待できる効果 ⇒ 貧血予防

テフには貧血予防に役立つ「鉄分」が多く含まれています。鉄分が多く含まれている食材として知られているホウレン草100gに含まれる鉄分が2 mgなのに対し、テフ100gには鉄分がその約7倍の約15mg含まれています。

現代の若い日本人は鉄の摂取が少ないと言われています。とくに貧血に悩まされている女性には是非食べて頂きたいスーパーフードです。

テフの食べ方

テフを使ったエチオピアの伝統的な料理に「インジェラ」というものがあります。
テフをひいて水で溶き、数日間発酵させた後、薄く焼いて作った、少し酸っぱいクレープのような食べ物です。

エチオピアでは、インジェラの上に肉や豆の煮込み料理などをのせて、インジェラを手でちぎりながら上に乗った具材と一緒に食べるのがメジャーです。


日本では馴染みのないものばかりですが、アメリカに訪れる機会があれば是非試してみてください!

食材は全てオーガニックフードで統一すべき?

アメリカで人気のオーガニックスーパー「Whole Foods」

オーガニックの野菜やフルーツが取り揃えられており、ヘルスコンシャスなアメリカ人から人気のスーパーです。
新鮮で美味しい野菜が手に入るので私もよく行くのですが、値段はやや高め。
オーガニックの農産物は値段が高いのです。

私の大好きな「ナス」を例にとって見てみましょう。
ホールフーズで、普通のナスは1b(1ポンドのことで、約450g )あたり$1.69で販売されていますが、オーガニックのものは1bあたり$2.49。
普通のナスの約1.5倍の価格です。

whole foodsでの表示価格を元に作成

農薬や遺伝子組み換え生物などを使用していないオーガニックフードが、身体に良いのは分かっています。
けれど、全て食材を全てオーガニックフードで統一するのは、金銭的にも大変ですよね。

そんな時は、農薬が多く残っている農産物はオーガニックフード、そうでないものは普通のものと分けてお買い物をするのがオススメです。


農薬が多く残っている農産物とは?

アメリカでは、高濃度の農薬が残留する農産物を「ダーティー・ダズン」と呼びリスト化しています。(毎年変更されています)

ダーティー・ダズンに指定されている、 苺やホウレン草などはオーガニックフードのした方が良いでしょう。


農薬が少ない農産物は?

反対に、留農薬が少ない農産物は「クリーン・フィフティーン」と呼ばれています。(こちらはあまりリストに変化がありません。)

「クリーン・フィフティーン」 に掲載されているアボカドやトウモロコシは普通のものを購入しても良いかもしれません。


都内にあるオーガニックスーパー

青山や銀座など主要エリアにお店を構えている、ナチュラルハウスでは、様々な種類のオーガニックフードが手に入るのでオススメですよ。


今回の記事に記載したような、「食と栄養の関係性」を中心に「心身共にヘルシーな生活を送る方法」について学べる資格「米国代替医療協会認定のホリスティック ヘルスコーチ」

ミランダ・カーも学んだNYの栄養学校「IIN(Institute for Integrative Nutrition)」が運営しており、 最新の栄養学をオンラインで学ぶことができます。

興味がある方は、コチからカリキュラムをご覧ください。

詳細や疑問点などがある方は 、お問合せフォームからお気軽にどうぞ。紹介割引もお受けしています。