About

Foody Style=Food × Lifestyle

croissants and strawberry for breakfast

落ち込んだ時、美味しいものを食べたら自然と笑顔になれた。

やる気がない時、オシャレなカフェに行ったらパワーが湧いてきた。

距離があったあの人に、美味しいスイーツを振る舞ったら仲良くなれた。

「食」はいつだって、私たちをポジティブにしてくれる。

「食」を通じて、人々のライフスタイルを豊かにしたい。

そのような想いから「Foody Style」は誕生し、

食領域に特化したマーケティング・コンサルを行っています

 

 

Foody Style設立にあたって

私が小学生くらいの頃だったでしょうか。

小さい頃から食べることが大好きで、常に美味しいものを探していた私には、どうしても行きたいハワイのパンケーキ屋さんがありました。

bake baking berry breakfast

今のように自分一人でフラリと海外旅行なんてできませんから、家族に頼みこんで、ハワイに連れていってもらいました。

まだ日本にパンケーキブームが到来する前のことです。

ハワイでそのお店に行き、顔が隠れるくらいにモリモリに盛られた生クリームが乗ったパンケーキに大興奮したことを今でもハッキリ覚えています。

「こんなパンケーキ日本では見たことない!」

「日本でもこんなパンケーキが食べられればいいのにな!」

「誰か日本に持ってきてくれないかな?」

「誰も持ってきてくれなかったら、いつか私が日本に上陸させちゃおう!」

そんな夢みたいなことを考えながら、パクパクとパンケーキを食べていました。

それから何年かして、そのパンケーキ屋さんが日本に上陸しました。

当時の私は嬉しい気持ちと悲しい気持ちが混ざった複雑な気持ちでした。

「日本でいつでもこの味が食べれるようになったのは嬉しいけれど、私がこのお店を日本に上陸させたかった。」

そんな気持ちでした。

そのお店は連日大行列の人気店となりました。

パンケーキブームの火付け役になったと言っても過言ではありません。

そのお店でパンケーキを食べている人はみんな幸せそうでした。

adult asian breakfast bright

パンケーキの味はもちろん、インパクト大の見た目、ハワイを感じられる店の雰囲気…。

日本のパンケーキ屋さんにはなかった要素が詰まったそのお店の魅力に、お客さんたちは虜になっていました。

その様子を見て、私は「食で人々を楽しませたい。笑顔にさせたい」

「日本にはない海外の食文化や食品を持ってきて、今までにないワクワクを日本の人たちに届けたい」

と思うようになりました。

それからどれくらいの月日が経ったでしょうか。

少し回り道はしてしまいましたが、私は当時夢見ていた仕事をしています。

そして、なんと!

私が大好きだった、私に夢を与えてくれた、あのパンケーキ屋さんと今では一緒にお仕事をしています。

「好き」の力は偉大です。「好き」に勝るものはありません。

私が誰にも負けない「食で人々をワクワクさせたい」「幸せな気持ちになって欲しい」という想い。

yellow vielleicht dice

この想いを胸に、企業や飲食店さんが人々をワクワクする商品・サービスを生み出すお手伝いをしていきたいと思っています。