Home Trend 10個のキーワードから見る2021年の食トレンド!

10個のキーワードから見る2021年の食トレンド!

by foodystyle

毎年この時期にホールフーズが発表している「食トレンド」

先日最新のレポートがアップされたので、見ていきたいと思います。今年はコロナの影響を踏まえたキーワードが多数見られました。

2021年の食トレンドを表す10個のキーワードを1つずつ見ていきましょう!


1.ウェルビーイングを提供してくれるもの

画像1

コロナ禍で高まってきた健康意識。
Instagram広告でも、高級食料品店でも様々なサプリメントを目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。

「新型コロナウイルス感染症の予防にビタミンDが効く」という研究結果も出てくるなど、今後ますますサプリメントの需要は高まりそうです。

抗酸化作用を持つ「ビタミンC」や、腸内環境・免疫システムを改善してくれる効果を持つ「キノコ」に加え、不安やストレスをケアして精神的な疲労や肉体的な疲労を癒してくれるハーブ「アダプトゲン」など、身体だけでなく心も癒す機能的成分を含んだ食品やサプリを開発する企業が今後ますます増加していくでしょう。

個人的に気になっているのが、こちらの「マッシュルームのブロス」

画像2

肉や骨、野菜を煮込んだ出汁「ブロス」
長時間かけて煮出すため、コラーゲンやフィトケミカルなど素材のもつ栄養素がしっかりと抽出されるのが特徴です。
ニューヨークでは、オシャレなブロスショップが沢山あり、コーヒーのようにブロスをテイクアウトする人の姿も多く見られます。

https://www.instagram.com/p/B-KVeZbjvgv/

日本ではあまり見かけない「ブロス」
気になる方はAmazonで購入できます!


2.毎日の朝ごはんをリッチにしてくれるもの

画像3

コロナの影響で、健康意識が高まったことに加え、在宅ワークが当たり前になったことで、平日に朝ごはんを食べなかった、またはコンビニ食で済ましていたという人も、きちんと朝ごはんを食べる習慣がついてきたのではないでしょうか?

アメリカでも平日にしっかりと朝ごはんを食べる人が増えてきたことで、プロテイン(たんぱく質)入りのパンケーキミックス、植物性のソーセージなどイノベーティブな朝ごはん商品が次々と発売されています。

余談ですが、トレーダージョーズで販売されているプロテイン入りパンケーキのパッケージがすごく好き。パンケーキがダンベルになっているの面白すぎる!

画像16


朝ごはんを盛り上げてくれる商品が沢山登場していますが、最も注目すべきは植物性の卵を開発している「JUST」

画像5

マングビーンズという緑豆を使用し、フライパンに注ぐだけで本物そっくりなフワフワのスクランブルエッグができてしまう商品や、パンに挟むだけで簡単にエッグトーストが出来てしまう商品など、ユニークな植物性の卵商品を販売しています。


3.基本の温かい食材

画像6

コロナの影響で、家で過ごす時間が増え、自炊する機会が増えた今、アップグレードされた温かい食材を求める人が増えてきています。

ハート・オブ・パーム(ヤシの芽の内側の部分から摂れる野菜)で出来たパスタや、アップルウッドの燻製塩、植物性肉を使用したヴィーガンスープなど、昔ながらの馴染み深い料理が最新の食材でアップデートされています。


4.マグカップを飛び出したコーヒー

画像7

私たちの生活に欠かせないコーヒー。しかし、コーヒーをマグカップに入れてドリンクとして飲むだけの時代はもう終わり

コーヒー風味のスナックバー、グラノーラ、ヨーグルト、お酒…
アメリカではあらゆる所品がコーヒーと融合しています。

アメリカの人気ヨーグルトブランド「チョバーニ」からもコーヒー味のヨーグルトが登場。

画像8

ありそうでなかったコーヒー味のヨーグルト。コーヒーと牛乳の相性が良いのだから、ヨーグルトと牛乳の相性が悪い訳がありませんよね!


5.進化したベビーフード

画像10

お母さん達に朗報!革新したベビーフードのおかげで、今までにないほど幅広く、豊富な食材の中からベビーフードを選ぶことができるようになりました!

ルバーブ、ローズマリー、紫色のニンジン、オメガ3が豊富に入った亜麻仁味のベビーフードなど、小さなフーディーも満足できる商品が揃っています。
小さなパウチに入っているため、持ち運びもできてとっても便利ですよ。


6.廃棄物をオシャレにアップグレードした食品

画像9

毎年4,000万トンの廃棄食材を出しており、「フードロスのグローバルリーダー」とも言われるアメリカ。そんなアメリカでフードロスを削減するトレンドが起きていることは当然のこと。

再利用して作られたパッケージや、本来ならば捨てられてしまうような部分の食材を活用した食べ物などが増えています。


7.オイルチェンジ

画像11

ヘルシーなオイルはオリーブオイルやアボカドオイルだけではありません。

香ばしいナッツフレーバーのするクルミやかぼちゃの種を使用したオイルや、ヒマワリの種を使用したオイルなど、様々な種類のオイルが登場しています。

フライパンでグリルする際に使用するだけでなく、サラダにかけたりと、それぞれの特徴や風味に合わせて、人々はオイルを使い分けるようになるでしょう。

個人的には「ナッツ」や「種」は今後の食トレンドを牽引する存在になっていくと思っています。

ヴィーガン市場が拡大するアメリカでは、ナッツや種を使って作ったヴィーガンバターの需要も高まっています。
ナッツを使った製品を多数開発している「88 ACRES」というブランドは要注目です。

画像18

良質な油が詰まっており、料理の味を高めてくれるナッツや種を使ったオイルやバターは今後ますます注目されるでしょう。


8.アルコール使いのコンブチャ

画像12

健康意識が高まるアメリカでは、砂糖がたっぷり入ったコカ・コーラやスプライトを飲む時代はもう終わり。
今アメリカのスーパーに行けば、無糖のセルツァー(炭酸水)がズラリと並んでいます。

画像13

そんなアメリカのヘルシードリンク市場で勢力を拡大しているのが「コンブチャ」
昆布茶ではないですよ!お茶を発酵させて作る、乳酸菌の発酵ドリンク「コンブチャ」ですよ!


善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれるほか、免疫力アップ、美肌効果など、美容と健康に嬉しい効果が期待できるとあって、海外セレブも夢中になっているドリンクです。甘酸っぱい味で、口の中に含むとシュワシュワと弾けるドリンクです。

グルテンフリーで、泡立ちが良く、生きたプロバイオティクスを摂取できる、という良いこと尽くしのコンブチャを飲めば、ハッピーアワーがアップグレードされること間違いなし!

ちなみにアメリカのドリンク売場では色んなブランドのコンブチャが並んでいますが…

画像14

私が一番好きなコンブチャブランドは「GT’S」のコンブチャ

https://www.instagram.com/p/BvhCCA5l1Nu/

日本に上陸しないかな~。


9.勢力を増すひよこ豆

画像15

「グルテンフリー」や「高たんぱく質」といった食トレンドを受け、少し前から注目されているひよこ豆ですが、2021年はさらに勢力を増すと予測されています。

ひよこ豆を使った食べ物と言えば「フムス」「ファラフェル」

がメジャーですが、今後はパスタ、豆腐、トルティーヤ、シリアルなど、あらゆる食べ物がひよこ豆で作られることになるでしょう。

食物繊維と植物性たんぱく質が豊富に含んだひよこ豆は「ネクスト・カリフラワー(※)」として注目されています。

※グルテンフリーがトレンドの2018年付近は、カリフラワーピザ、カリフラワーニョッキ、カリフラワーライスが大人気でした!

ひよこ豆フードを食べたい!と思った方は、渋谷にある「Pepper Parlor」へ!

青山の人気レストラン「The BURN」のシェフである米澤シェフが監修したヴィーガン&グルテンフリーのパンケーキを、ペッパー君に見つめられながら食べるという摩訶不思議な体験ができますよ。

画像17

10.フルーツと野菜のジャーキー

画像16

ジャーキーはもはや肉好きのものではありません。
フルーツや野菜を常温保存できる新しい方法として、キノコやジャックフルーツなどあらゆる種類の食べ物が、ジャーキースタイルで提供され始めています。
一番新鮮な状態で乾燥することで、栄養と旨味をキープできるようにしています。

濃い味が好きなアメリカでは、チリ、塩、生姜、カカオなどのパウダーをつけてフルーツジャーキーを提供していますが、こういったトッピングは不要かもしれませんね…。


以上、10個のキーワードから見る2021年の食トレンドでした!

まだ試したことのない食品も多くあったので、今すぐアメリカに飛んで食べたいですが…しばらくアメリカに行くことは難しそうですね…泣

日本で、今回紹介した食べ物が食べられるお店を見つけたら、随時SNSで情報発信していきたいと思います。
是非TwitterInstagram をフォローして食トレンド情報をチェックしてくださいね!

出典:https://media.wholefoodsmarket.com/whole-foods-market-forecasts-top-10-food-trends-for-2021

You may also like