ニューヨークで需要の高まる「ウェルネスサロン」と「ヘルスコーチ」

今ニューヨークで増加しているのが、ヘルシーフードやヘルシードリンクを提供するカフェに、エステサロンやヨガスタジオなどが併設した「ウェルネスサロン」…


そもそもウェルネスとは?

ウェルネスとは、世界保健機関 (WHO) が提示した「健康」の定義をより踏み込んだ言葉で、1961年にアメリカの医学者ハルバート・ダンによって提唱されました。

「肉体的、精神的、そして社会的に良好な状態」、もっと簡単に言うと「身体も心もハッピーな状態」という意味です。

健康な身体をつくるために必要な健康食品やヘルシーカフェ、精神バランスを保つために必要なヨガスタジオや瞑想スタジオ、日常のストレスから解放してくれるウェルネスツーリズムなど、ウェルネスに関わるビジネスは幅広く、世界のウェルネス市場は2018年時点で4.2兆ドル(420兆円)になると言われています。

画像1

なぜ今「ウェルネス」が注目されているのか?

「人生100年時代」と言われるようになった今、誰もが「幸せに年を重ねるためにはどうしたらいいか?」ということに関心を抱いています。

この課題に対し、「病気になってから治療をするのではなく、日頃から身体、心、環境を整えることで病気を予防する。心身共に健康な状態をキープする。」という、ウェルネスに関するビジネスが解決策として注目されているのです。


ニューヨークで増加するウェルネスサロン

1.エステ+カフェ「Clean Market」

人々が健康的な習慣を作れるサポートをしている、カフェにエステが併設された「クリーンマーケット」。

一番人気の商品は、今注目の青色のスーパーフード「スピルリナ」を使ったスムージーボウル。

食品だけでなく、化粧水やアロマなど沢山のセルフケアグッズも販売されています。

店の奥には、エステサロンが併設されており、血行改善や免疫増強など、デトックス効果・アンチエイジング効果が期待できる赤外線を浴びるサウナや、14種類の静脈内ビタミン剤の中からその人に合った「NutriDrip(栄養点滴)」を受けられるサービスも受けることができます。


2.カフェ+ヨガウェアショップ+ヨガスタジオ「alo」

ソーホーにある、ヨガウェアブランド「alo」のフラッグショップ。

ここでは、ヨガウェアの販売だけでなく、ヘルシーフードカフェやヨガスタジオが併設されています。カフェでは、抹茶ラテやコンブチャなどのヘルシードリンクやスナックを頂くことができます。

ヨガスタジオやコミュニティスペースが併設されており、ヨガクラスだけでなく、様々なイベントやワークショップを通じて、ウェルネスの重要な概念である「人々と繋がる」ということを推奨しています。


3.カフェ+病院+スパ

そして今最も注目されているのが、昨年オープンした「the well」。富裕層をターゲットにした会員制のサロンです。

出典:https://www.the-well.com/

13,000平方フィートという広大な建物で、スチームやサウナが付いたスパ、オーガニックレストラン、ビタミンドリンクを提供するバー、リフレクソロジーが受けられるラウンジ、ヨガ&瞑想ができるスタジオ、プライベートトレーニングジムなど、多種多様なサービスを提供します。

会員には専属の医者、マッサージセラピスト、栄養士が付く、というまさにVIPのためのウェルネスサロンです。


今アメリカで需要が高まる職業「ヘルスコーチ」

このように「ウェルネス」に関心が集まる中、アメリカで注目されているのが「ヘルスコーチ」という職業です。

食事を中心に、エクササイズ、ストレスマネジメント、キャリア設計などのコンサルテーションをすることで、人々のウェルネスライフをサポートする仕事です。

この資格は、ホリスティック専門学校「Institute for Integrative Nutrition(通称IIN)」で、医者や研究者をはじめ各界で活躍する専門家たちが提供する講座を受講した人に与えられます。(私も昨年取得しました!)

ミランダ・カーや、世界的なメイクアップアーティストのボビー・ブラウン、あるいはニューヨークで人気のヘルシーフードブランド「Sakara」のファウンダーもINNの卒業生です。

昨年Forbesで紹介されたヘルスコーチに関する記事から転載

今アメリカでは医者よりもヘルスコーチの需要が高まってきているとも言われています。

前述の「The Well」でも、INNの卒業生のヘルスコーチが会員に対してマンツーマンで健康指導をしています。

まだ日本では馴染みのない職業ですが、今後きっと日本でも需要が高まってくるでしょう。ヘルスコーチとして人々のカウンセリングをするだけでなく、ヨガインストラクターの資格と併用して独自のプログラムを提供したり、取得した栄養学の知識を元にヘルシーフードビジネスを始めたり、あるいは私のようにヘルシーフード市場に明るいフードマーケターとして活動したり…と、キャリアにも幅が出てきます。

この資格に興味がある、あるいはカウンセリングをして欲しい、などの質問・要望がありましたら、contactページからお気軽に連絡ください。

カリキュラムはこちらからダウンロードできます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。