Home Trend コロナの影響で営業停止になったアメリカの飲食店が取組んでいること

コロナの影響で営業停止になったアメリカの飲食店が取組んでいること

by foodystyle

いよいよ緊急事態宣言が出された東京

外出自粛により外食ができなくなった今、多くの飲食店が経営難に直面しています。

今後飲食店は生き残るために何をしていけばいいのか?暗くなってしまった世の中を「食」を通じて盛り上げていくためには何をすればいいのか?

今回は、数週間前にロックダウン(都市封鎖)されたニューヨークを中心に、営業停止になったアメリカの飲食店の取組事をレポートします。


店内での営業が禁じられたアメリカの飲食店が行っていること

市内全ての飲食店に対し、持ち帰りや配達以外での営業が禁じられたニューヨークでは、生き残りをかけて様々な工夫を凝らしたサービスを開始しています。


1.免疫力アップをコンセプトにした商品をデリバリー

日本でもデリバリーやテイクアウトに対応する飲食店が増加し始めているが、「ウィルスが蔓延しているこの時期だからこそ」の商品を提供しているのがユニーク。

「Smart food for a good mood」をコンセプトに、身体や心を元気にさせるスムージーやヘルシーフードを販売する、医者監修のカフェ「Dr. Smood」

画像2

コロナウィルス発生後、ビタミンやハーブなど、免疫力を高め、病気予防の効果を高めてくれるスムージーやエナジーショットをセットにしたボックスを「The Ultimate Immunity(究極の免疫力アップ)」と称して、デリバリーサービスを行っています。


2.おうち時間が豊かになる商品をデリバリー

NYの高級イタリアンレストラン「Carbone」では、前菜からステーキ、パスタ、デザートさらにはワインなどのアルコール類を提供しています。

普段は予約が難しいレストランのフルコースをリーズナブルな価格で家で食べられるのは嬉しいですよね。

画像3

ずっと家にいる家族のために毎日3食料理を作らなければいけなくなった主婦の苦労は計り知れません。
「いつもありがとう」という言葉と共に、このような家で外食気分を楽しめるデリバリーをプレゼントしてあげたら、コロナ離婚のリスクも減るかもしれませんよ…!

コース料理と共に、それに合うワインをソムリエが選んで付けてくれたり、暗くなった家の中を明るくするお花をセットにデリバリーしたり、外で遊べず退屈になってきた子供向けに、バスケットに入れた「おうちピクニックセット」などがったりしたら、退屈なおうち時間も豊かになるかもしれませんね。


3.子供と一緒に作れるミールキットのデリバリー

日本でもお馴染みのハンバーガーショップ「シェイクシャック」はハンバーガーのミールキットを提供し始めました。

Photo : SHAKE SHACK

バンズ、パテ、チーズ、ソースがセットになったDIYハンバーガーキットは、火や包丁を使用せずに作れるので、子供と一緒に作ることができます。

混ぜて焼くだけのスイーツキットセットなど、簡単にできるミールキットサービスは、小さな子供がいる家庭で需要がありそうです。


4.必要な食品が詰まった「エッセンシャルボックス」の定期販売

ニューヨークのベーカリーショップ「Bourke Street Bakery」では、パンだけでなくパスタや牛乳、豆、野菜、フルーツなど、最低限必要な食品を詰め合わせた「Essential Box」を週1回定期配送しています。

Photo: bourkestreetbakery

品薄状態が続いていることは勿論、「人が集まるスーパーに行くことすら怖い」という人々が増加している現在、こういった「毎週必ず自宅に配送してくれる」サービスは非常に心強もの。
常にSOLD OUTになっている人気のサービスです。


.ダイレクトに寄付を募る

「Donation(寄付)」文化があるアメリカでは、ダイレクトに寄付金を募っているお店も沢山あります。

独自で寄付ページを立ち上げているお店もあれば、クラウドファンディングサイトを利用しているお店もあります。

2010年にサービスを開始した寄付型クラウドファンディングサイト「Go Fund Me」を見てみると、コロナウィルスを乗り込めるための募金活動が多数立ち上がっています。

Photo: Maman

ちなみに「クラウドファンディング」と言うと、日本の「Makuake」のように対価として後で商品やサービスを享受できるプロジェクトをイメージしますが、このサイトは、災害や病気などで困っている人を助けるための完全寄付型プロジェクトが中心です。

しかし、困った時だけ「お金をください」と言っていても寄付する人は少ないです。日頃のお客様との付き合い方やボランティア活動など、日頃の行い・ブランドとしての姿勢が、このような非常時に運命を左右してくるのかもしれません。

また、お金にはならなくても、「食を通して自分たちができることを行っていこう」という試みをする飲食店も続々登場しています。


食を通して世の中に貢献するためにアメリカの飲食店が行っていること

また、自社の利益確保に留まらず、暗くなった世の中を明るくするための取組みを積極的に行っている飲食店が沢山あります。

1.医療関係者に無料で商品を提供

アメリカNo.1のサラダ専門店「sweetgreen」、アメリカの国民的メキシカンファストフード店「chipotle」、日本でもお馴染みのドーナツショップ「クリスピークリームドーナツ」など、多くの飲食店が医療関係者を応援すべく、無料で商品を提供しています。

https://www.instagram.com/p/B-LJ_alF4XU/

2. SNSを通じて、おうち時間を楽しくするコンテンツを提供

飲食店が提供できるのは料理だけではありません。

サラダボウルやスムージーなどのヘルシーフードを提供し、ヘルシーイベントを定期的に開催しているカフェ「Life Alive」では、おうちで出来るメディテーション(瞑想)の動画をインスタライブで行っています。

Man and Woman Doing Yoga

ハーバード大学の卒業生が作ったヴィーガンフードを提供しているカフェ「clover food lab」では、シェフが料理動画をyou tubeに投稿しています。

退屈なおうち時間を楽しくしてくれるコンテンツを無料で配信してくれることは、生活者側からするととても有難いですよね。

ただ、今の時期はどこの飲食店も経営難…。
「食と運動トータルで人々の健康をサポートする」というコンセプトのもとフィットネス動画を、「おうちで再現する高級レストランの味」というコンセプトのもと料理レシピや、料理レッスン動画を有料で配信してもらい、課金することで好きな飲食店をサポートしたいという気持ちもあります。


コロナと戦う飲食店のために私たちができること

外食ができなくなった今、私たちが飲食店のためにできること。

テイクアウト商品を購入したり、コロナ終息後に使用できる「先払いチケット」を購入して、少しでもサポートできたらと思います。

そして何より、少しでも早くこの状況が収まって、飲食店が通常営業を始められるように、「不要不急の外出禁止」のルールを守ること。

微力ではあるが、自分たちが今できることを1人1人が行って、飲食店をサポートできたらと思っています。

You may also like