「ヴィーガン」から「プラントベース」へ。世界で需要が高まる植物性食品。

最近アメリカでよく耳にする「プラントベース(植物由来)」という言葉を知っていますか?

肉や魚は勿論、卵や乳製品などの動物性食品を使用せず、豆や野菜などの植物性食品のみを使用して作った食品を取り入れた食生活のこと。

「ヴィーガン(菜食主義)」とよく似た言葉ですが、ヴィーガンのように「一切動物性食品を口にしない、動物の毛皮を作った洋服や雑貨を身にまとわない」といった厳格なルールは、プラントベースにはありません。

宗教的な要素があるため敬遠されがちなヴィーガンと異なり、よりカジュアルに実践できるとあって、今アメリカの若者たちの間でプラントベースが広まっています。


アメリカでは何もかもがプラントベースに!

プラントベースが人気のアメリカでは、様々な食品がプラントベースになっています。
いくつか紹介しましょう。

肉を使用しないハンバーガー

大豆やエンドウ豆などの植物性食品だけを使用して、本物の肉のような見た目・食感・味を再現した「プラントベース・ミート」

「ビヨンド・バーガー」「インポッシブルバーガー」を筆頭に、多くの企業・飲食店がプラントベース・ミートの開発に取り組んでいます。


魚を使用しないツナ

エンドウマメや海藻などを使用して、魚のような見た目・食感を再現した「プラントベース・フィッシュ」

見た目こそ本物のツナですが、味はオリーブオイルの味が強く、本物の魚からはかけ離れていました。
プラントベース・ミートとは異なり、こちらはまだまだ開発の余地がありそうです。


卵を使用しないマヨネーズ

「マングビーン(緑豆)」という豆を使ったマヨネーズ「JUST」や、アボカドで作ったマヨネーズ「アボネーズ」をはじめ、卵を一切使用しないマヨネーズが様々な企業から発売されています。

普通のマヨネーズのような味で、全く違和感はありません。

卵を使用していないため、コレステロールゼロというメリットも兼ね備えていて、オススメ。


乳製品を使用しないバター

かぼちゃの種やスイカの種など植物の種を使った「シードバター」で、牛乳や生クリームを一切使用していません。

ただ、ピーナッツバターを薄くしたようなテイストなので、パンやクラッカーに塗るのには良いですが、バターの代替品として料理などに使用することは難しそう。


拡大するプラントべース市場

このようにアメリカをはじめ、世界では様々なプラントベースフードが次々と発売されています。

2015年に「2020年のプラントベース製品の市場規模は52億ドル」と推定されていましたが、今では「2025年までに1,400億ドル」と予測されています。

また、「食肉市場の30%がプラントベース製品に代わる」とも言われており(Allied Market Research参照)、プラントベース市場は急激に拡大していくことは間違いありません。

日本でも大豆で作られたお肉「ソイミート」やヨーグルト「ソイヨーグルト」などのプラントベースフードを発売する企業が増加してきました。

↑本物のハンバーガーよりネチョッとした食感の「ソイハンバーグ」

↑大豆の匂いに苦手意識がある人は辛いかも?なソイヨーグルト

今後、日本でプラントベース市場がどこまで拡大するか?に注目です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。