Home Trend 世界で需要が高まるプラントベース食品。プラントベース食品を好む人とは?

世界で需要が高まるプラントベース食品。プラントベース食品を好む人とは?

by foodystyle

最近アメリカでよく耳にする「プラントベース(植物由来)」という言葉を知っていますか?

肉や魚は勿論、卵や乳製品などの動物性食品を使用せず、豆や野菜などの植物性食品のみを使用して作った食品を取り入れた食生活のこと。

「ヴィーガン(菜食主義)」とよく似た言葉ですが、ヴィーガンのように「一切動物性食品を口にしない、動物の毛皮を作った洋服や雑貨を身にまとわない」といった厳格なルールは、プラントベースにはありません。

宗教的な要素があるため敬遠されがちなヴィーガンと異なり、よりカジュアルに実践できるとあって、今アメリカの若者たちの間でプラントベースが広まっています。


アメリカでは何もかもがプラントベースに!

プラントベースが人気のアメリカでは、様々な食品がプラントベースになっています。
いくつか紹介しましょう。

肉を使用しないハンバーガー

Beyond Meat(日本未発売)

大豆やエンドウ豆などの植物性食品だけを使用して、本物の肉のような見た目・食感・味を再現した「プラントベース・ミート」

「ビヨンドミート」「インポッシブルバーガー」を筆頭に、多くの企業・飲食店がプラントベース・ミートの開発に取り組んでいます。

アメリカで日本未発売の「Beyond Meat」を食べてみましたが、見た目も味も本物の肉とそっくりで言われなければわからないほど。
ただ、豆を固めるために油を多く使っているためか、焼くときに大量の油が出てきたことが少し気になりました…。

日本でもマルコメが「大豆のお肉」を、大塚食品が「ゼロミート」を発売するなどプラントベース・ミートが増えてきています。


魚を使用しないツナ

Good Catch(日本未発売)

エンドウマメや海藻などを使用して、魚のような見た目・食感を再現した「プラントベース・フィッシュ」

アメリカで日本未発売の「Good Catch」の植物性ツナを食べましたが、見た目こそ本物のツナですが、味はオリーブオイルの味が強く、本物の魚からはかけ離れていました…。

プラントベース・ミートとは異なり、こちらはまだまだ開発の余地がありそうです。


卵を使用しない卵液 / マヨネーズ

JUST(日本未発売)

アメリカでは、「マングビーン(緑豆)」という豆を使った卵液「JUST」や、アボカドで作ったマヨネーズ「アボネーズ」をはじめ、卵を一切使用しない製品が多数発売されています。

普通のマヨネーズのような味で、全く違和感はありません。卵を使用していないため、コレステロールゼロというメリットも兼ね備えていて、オススメ。

アメリカで人気の植物性マヨネーズ「Avonaise」は日本でも購入できます。


乳製品を使用しないバター

かぼちゃの種やスイカの種など植物の種を使った「シードバター」で、牛乳や生クリームを一切使用していません。

ただ、ピーナッツバターを薄くしたようなテイストなので、パンやクラッカーに塗るのには良いですが、バターの代替品として料理などに使用することは難しそう。


プラントベースフードを好む人とは?

一体どのような人が「プラントベースフード」を食べているのだろうか?独自に行ったプラントベースフードを好む人へのインタビューを通じ、プラントベースフードを好む層は以下の4つのタイプに分類されると考えた。

1.「健康オタク」タイプ

黒のスポーツブラジャーを着ている女性

低カロリー、高たんぱく質な食品を好む。健康に関する情報を常にチェックし、毎日欠かさず運動をする健康志向の高い人。

例えば、「飽和脂肪酸の代わりに不飽和脂肪酸を摂取したい(※)」と考える健康オタクは、肉の代わりに豆を使用した「代替肉」を好んで摂取している。

※脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類される。植物に多く含まれるものを「不飽和脂肪酸」、肉などの動物性食品に多く含まれる脂を「飽和脂肪酸」と言う。

飽和脂肪酸が多い食事は、心血管疾患のリスクになると考えられている。飽和脂肪酸の代わりに不飽和脂肪酸を摂取することで、LDLコレステロールの減少、血圧の低下につながり、引いては心血管疾患のリスクを下げることも最近の研究から証明されている。

また、日本と比較して医療費が高いアメリカでは、「病気になってから医者に診てもらう」のではなく、「病気にならないようセルフケアを徹底する」という予防意識が高い。そのため、ここまで健康オタクでなくとも、病気予防のために果物や野菜を沢山摂取しようと意識している人は多い。


2.「エコレンジャー」タイプ

緑の植物とカップを保持している人

地球温暖化や水不足問題を改善するために、日々の生活で自分ができる事を取り組もう!という正義感に溢れた人。

あまり知られていないことだが、畜産業をする上で大量のメタンガスが排出される。牛1頭がゲップやおならをすると、1日160〜320リットルものメタンガスが排出されており、このメタンガスが地球温暖化に繋がっているのだ。

また、畜産業は温暖化だけでなく水不足問題にも関わっている。畜産業は果物や野菜の生産と比較し、大量の水を必要とする。

2030年には水の供給が需要に対して40%不足すると言われている現在、水資源の管理は持続可能な発展のために重要な課題となっており、水の使用量を減らすためにも肉食生活から植物生活にシフトしようという動きがアメリカをはじめ世界で高まっているのである。

このような問題から、「肉の摂取量を減らすことで、地球環境を改善しよう」という想いで、プラントベースフードをチョイスする人々が増加している。

ちなみに、ボストンで複数店舗展開するビーガンカフェ「クローバーカフェ」も、ハーバードMBA卒業生が地球温暖化を解決するためにオープンした店である。


3.「ミーハー」タイプ

Grayscale Photography of Four Women Wearing Clothes

新しいもの好きで、話題となっているものはとりあえず試してみるミーハーな人。(私を含め、多くがこの層に当てはまるのではないだろうか?)

プラントベースの機能的価値よりも、「今トレンドのプラントベースを食べているワタシ」を求めて商品を購入している層だ。

この層の心を捉えているブランドと言えば、ニューヨークを中心にアメリカで拡大するビーガンカフェ「by CHLOE」。

食べ物は勿論、モデルのようなカリスマ性を持つ創業者、オシャレな世界観、カラフルでポップなインテリアがミレニアル世代から支持されている。


どの層に向けた商品づくりなのかを意識することが重要

「プラントベースフード」と一概に言っても、それぞれの層によってニーズは異なり、アプローチ方法も変えていく必要がある。

日本では、プラントベースフードに関心を持つ層としては、「健康オタク」と「ミーハー」が多いのではないだろうか。

健康オタク層にアプローチするために、筋トレ後に簡単に食べられる製品づくりや、たんぱく質量の表示などが効果的で、ミーハー層にアプローチするためには、ブランドの世界観づくりなどが重要になってくるだろう。

You may also like