Home Trend ニューヨークで発見!出会い系アプリが運営するカフェとは?

ニューヨークで発見!出会い系アプリが運営するカフェとは?

by foodystyle

ニューヨークで偶然見つけたオシャレなカフェ

先日ニューヨークSOHOを歩いていると、オシャレなカフェを見つけた。

中に入ると「bumble」というアプリをダウンロードしている人は、無料でドリンクをオーダーできるという。アプリのプロモーションの一環として、期間限定でオープンしているカフェとのこと。

なるほど。出会い系アプリのプロモーションとして、カフェを利用するとは面白い。
いと思い、「bumble」について調べていると色々ユニークな戦略が見えてきたので、食関連企業ではないが、「食」を使ったプロモーションの1例として紹介しよう。


出会い系アプリ「bumble」とは?

Photo: bumble

TinderやPairsなど日本でも徐々に浸透してきている出会い系アプリ。
いわゆる「恋人を探すために使用するアプリ」という枠を超えて、人と人とを繋げるアプリに進化ししている、という点で他のアプリと異なる特徴を持っている。


バンブルが生まれた背景は?

バンブルの創業者であるWhitney Wolfe Herd(ウィットニー)は、「人々がポジティブで実りの多い人生を送れるように」という想いを込め、このアプリをローンチした。

バンブルの創設者は、「9の質問」がどのようにあなたが集中し続けるのを助けることができるかを明らかにします
Photo: bumble

バンブルには「人と人とのつながりを構築する」というミッションに加え、男性主導の世の中ではなく、もっと女性が活躍できる世の中になって欲しい、という「女性のエンパワーメント」というミッションも存在している。

この2つのミッションを掲げ、バンブルは単なる男女の出会いだけでなく、様々なサービスを提供している。


出会い系アプリ「バンブル」が持つ3つの機能とは?

バンブルは恋愛だけでなく、3種類の出会いを提供している。

1.Bumble Date

通常の出会い系アプリのように男女の出会いを提供する機能。写真とプロフィールが出てきて、気に入ったら右にスワイプ、嫌だったら左にスワイプする。マッチングすれば、メッセージのやり取りができる。ここまでは普通のアプリと何ら変わらない。異なるのは「女性主導である」ということだ。

通常、マッチングアプリでマッチングした場合、男性からメッセージが送られてくることが多い。しかし、バンブルでは女性からしかメッセージを送ることができないのである。

マッチングしても女性から24時間以内にメールがこないと、マッチングは解消されてしまう。というシステムである。

「女性主導の恋愛」という新しいカタチのサービスである。


2.Bumble Bizz

仕事仲間が探せるサービス、それが「バンブル・ビズ」である。自分のビジネスを手伝ってくれる人、メンターとなってくれる人、あるいは転職先…

プロフィール欄を見て気になった人がいれば右にスワイプし、マッチングした場合メールができるようになるサービスである。


3.Bumble BFF

新しい街に引っ越してきて友人がいない時など、ソーシャルの輪を広げたい時に使用する。

どんな友達を探しているか、趣味は何かなどがプロフィールに記載されているので、価値観が同じ友人を探しやすい。私も実際にここで何人かの友人と出会い、一緒にソウルサイクルに行ったりとワークアウトを楽しんだ。なぜか美人が多いのが印象的だった。

(ちなみに男性の友人が同性の友達を探すために使用したところ、プロフィール写真が上裸のゲイが多かったと言っていたので使用される際は気を付けて。)


オンラインのみならずオフラインの世界にも拡張

そして、バンブルはオンラインのみならずオフラインでも健全なつながりを継続するために、様々な仕掛けを実施している。
その1つが冒頭紹介した「カフェ」を使用したプロモーションである。

バンブルカフェ

バンブルのアプリをダウンロードした人はカフェラテが無料で飲めるようにすることで、アプリの認知度向上、使用促進を狙っている。

ワイファイ完備、フードの販売もしているため、仕事をするビジネスパーソンの姿も見られた。

バンブルバー

「Bumble Hive NYC」の画像検索結果
Photo: beehive

カフェだけでなくバーも期間限定でニューヨークにオープンしていた。

ここでは、女性思想家、芸術家、起業家を招き、あらゆる面で女性のエンパワーメントを祝うイベントが開催されている。

ドリンクや軽食を食べながら、仲間とつながり、健康と人間関係、テクノロジー、教育などのトピックにまたがるインタラクティブなプログラミングを楽しむことができる。
バンブルが単なる出会い系アプリを超えていることを理解頂けるだろう。


「食」以外にも様々な接点を利用して、アプリのプロモーションを行っている。

各地で開催されるイベント

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/57555542_10161753900320261_7899619225956777984_n.jpg?_nc_cat=108&_nc_ht=scontent-nrt1-1.xx&oh=e87c7196b5ef81ea3b0dd2b0b0405d96&oe=5D607011
Photo: bumble

バンブルのフェイスブックページを見ると、アメリカ各地でランニングイベントやボランティア活動、女子会など様々なイベントが開催されている。

美容院やジムなど地元のお店とコラボし、地元の人同士を繋げる役目を果たしている。


メディアサイト

愛、友情、キャリア、ウェルネスなど様々なテーマの記事が掲載されているメディアサイト。

悪いオトコとの別れ方、最高の女子旅ができるスポット、人生を犠牲にせずに輝けるキャリアの築き方など、ユニークなタイトルの記事がずらりと並んだウェブサイトはバンブル利用者でなくても楽しめる。


「食」を利用して、人との繋がりを形成

このような手法で、様々なコミュニティの場をつくっているバンブルは、もはや男女の出会いの場を提供するアプリメーカーではなく、ソーシャルネットワーキングプラットフォームと言えるだろう。

そして「人との繋がり」を形成する時につかえるのが、やはり「食」
カフェやバーなど「食」が関わってくる場所では、知らない人との話もはずみやすい。

アプリのプロモーションとしても役立つ「食」の可能性は無限大だと感じた時であった。

You may also like