ニューヨークで注目されるドクター監修のカフェ

今ニューヨークで注目されているのが、ドクター監修のカフェ。
今回は2つのカフェを紹介したいと思います。


ホリスティック栄養学博士がメニュー開発を行う「Dr. Smood」

マイアミ発祥のカフェで、近年ニューヨークに次々と店舗をオープンさせているカフェ「ドクタースムード」

先日、シェアオフィス「we work」の中にもオープンし、話題となりました。

「Smart food for a good mood」をコンセプトに、身体だけでなく心(Mood)をも元気にさせるスムージー(Smoothie)を中心にヘルシーフードを取り揃えたカフェ

使用されている食材は全てUSDA認定のオーガニック食材で、且つGMO・防腐剤・精製糖は非使用、という徹底ぶり。

提供されているドリンク・フードは全て、以下の6つの健康機能によって色付けされておあり、求める効果によってメニューを選べる仕組みになっています。

それぞれの効能は以下の通り。

(1)Power:高品質のたんぱく質などを摂取することで、身体の内側(マインド)と外側の両方からパワーを取り入れる

(2)Beauty:抗酸化物質やポリフェノールなどを摂取することで、輝く肌、髪そして生き生きとした目などのアンチエイジング効果をもたらす

(3)Immunity:ビタミンやハーブなどの栄養素を摂取することで、免疫力を高め、病気を予防すると共に、良い気分にさせる

(4)Detox:酵素やビタミンなどを摂取することで、身体だけでなく心から毒素や余計なものを除去する

(5)Energy:スーパーフードなどを摂取することで、身体や脳に燃料を補充し、活発にさせる

(6)Health:ビタミン、ミネラル、食物繊維などを摂取することで、肉体的のみならず精神的にも健康な状態を創り出す


注目は血糖値が上がりにくい「パフォーマンスブレッド」

Dr. smoodに言ったら是非食べて欲しいのが、キビフレークとスペルト小麦で作られたパン

通常の小麦を使用したパンを食べると血糖値が一気に上がるために眠くなる傾向がありますが、このパフォーマンスパンは血糖値をゆるやかに上げていく効果があるため、睡魔に襲われることはありません。

パフォーマンスに悪影響を及ぼさない、という意味で「パフォーマンスブレッド」と呼ばれており、登録商標がなされています。

普通のパンと比較し、歯ごたえがサックリしていて、とても美味しい!

これらのヘルシーで美しいメニュー開発を率いているのは、ホリスティック栄養学のエティ・ベン・ズィオン博士。
ドクター監修のもと、科学に裏付けされたメニューが提供されているカフェですが、内装やデザインがとてもオシャレで「健康」を全面に押してこないところが良いところ。


脳の健康を改善するカフェ「Honey Brains」

2つ目は、神経科医であるアロン・セイファン医学博士によって設立されたカフェ「ハニーブレインズ」

ここでは、「野菜、果物、豆類、全粒穀物、オメガ3」の5つの食品をバランスよく食べれば、人間に必要な栄養素「良質な脂肪、食物繊維、ビタミンB群、鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラル」を摂取することができる、という神経科学に基づき、脳の健康を改善する料理や蜂蜜を使ったハニーバーを提供しています。

これら5つの食品を含んだ料理を定期的に食べることで、気分が良くなり、エネルギーが出てきて、心と脳をより強くすることができる、とされています。

ハニーブレインズの特質すべき点は料理だけではなく、インテリアにもあります。

蜂の巣のような形状をした天井に付けられた照明は、昼は明るく、夜は暗く…と1日を通して徐々に変化するように設計されています。

照明研究センターによると、適切な光の量を適切なタイミングで浴びることによって、幸福度や睡眠、パフォーマンスが大きく向上するといいます。

逆に適切な光を浴びないことは、時差ぼけ、アルツハイマー病、不眠症、うつ病などの症状を引き起こすことになってしまいます。

食とインテリアの両方から、脳の健康に関するメッセージをシンプルかつ簡単な方法で促進しているユニークなカフェです。


ドクター監修のレストランだから流行するわけではない

このように、ドクター監修のレストランが増加中のニューヨークですが、ドクターが監修している健康的なお店が常に流行るという訳では勿論ありません。

例えば、スペインでミシュラン2つ星を獲得したシェフと、脳神経外科医ゲルサンチェスロメラ博がコラボレーションし、「神経ガストロノミー」という風変わりな料理を提供していた高級レストラン店「ロメラニューヨーク」

https://www.nytimes.com/

健康的且つ独創的料理を提供していましたが、人気が出ず2012年に閉店しています。

ドクタースムードやハニーブレインズがニューヨーカーから支持されている理由は、リピートしたくなる味は勿論のこと、消費者が商品を選びやすいようなメニューの作り方であったり、気持ちが晴れやかになるインテリアデザインであったりと、「健康」以外の点もこだわっているから。

日本で見かける「ドクターが監修のお店」と言えば、医学!健康!を全面に押し出したものが多いですが、ニューヨークのようにライフスタイルに馴染んだお店がもっと出てくることを期待しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。