食とコラボした楽しいエクササイズ・イベント満載のボストン

ボストニアンは運動がお好き

雨の日も雪の日も、街はランニングしている人の姿で溢れ返っていますし、バギーを押しながら走っているママさんの姿もよく目にします。

ヨガスタジオやトレーニングジムはそこら中にあり(コンビニ並にあるのではないでしょうか?)、女性はジムに着いたらすぐ運動できるようにタイツにTシャツの姿で街を闊歩しています。

エクササイズイベントも沢山実施されています。

人気ヨガスタジオの「Lululemon」では、地元のヨガインストラクター、トレーナー、アスリートなどを「アンバサダー」に任命し、店で定期的にヨガやランニンググループなどのイベントの講師を務めてもらっています。

一流のインストラクター主催のイベントに無料で参加できるという太っ腹イベント!

ボストンに来てから、色々なエクササイズイベントに参加しましたが、印象に残っているのは「食」とコラボしたユニークなイベント。


ブリュワリーでヨガ

例えばブリュワリー(ビール工場) で開催されたヨガイベント。

週末の朝、ブリュワリーがオープンする前。お店でヨガイベントが開催されます。
バーフロアにヨガマットをずらりと並べ、みんなで朝からヨガ。

ヨガが終わったら、バーで出来立てのビールを購入し、みんなでゴクリと飲む。

健康なのか不健康なのかよく分かりませんが、汗を流した後に飲むビール、しかも出来立てのビールは美味しい!

こちらは、Collage Groupが2018年に実施した「アルコールに期待する効果」に関する調査。

出典: 「Collage Group」のグラフを元にFoody Style作成

X世代やベビーブーマーと比較して、ミレニアル世代(特に若い世代)は「リラックスするためにアルコールを飲む」と回答した割合が低く、逆に「新しい仲間と関係性を築くためにアルコールを飲む」と回答した割合が高くなっています。

「アルコールをコミュニケーションツール」として捉えているミレニアル世代。
「友人とヨガをして、そのままビールを飲めるイベント」というのは、ミレニアル世代のニーズにマッチしたイベントです。

「若者がビールを飲まなくなってきた」なんていう声を最近よく耳にしますが、このようなイベントを開催することで、若者のアルコール離れを阻止することができるかもしれません。

ちなみに、ヨガの他にもブリュワリーの周りをランニングした後にビールを飲むイベントや、ワインバーでヨガなんていうイベントも開催されています。


ドーナツラン

先日参加したのがドーナツラン。Twitterでも呟きました。

4マイル(約6.4km)走った後、好きなだけドーナツが食べれるイベントです。
絶対摂取カロリーの方が多いですね…

ビーガンドーナツも用意されているのがアメリカ流

スポーツウェアブランド「アンダーアーマー」と、「Boston Best Donut」にも選ばれたボストンアンに愛されるドーナツ屋「ユニオンスクエア」の協賛で成り立っているこのイベント。(参加費無料)

ヘルシーフードやスポーツドリンクの企業ではなく、ドーナツ屋とコラボするのがアメリカ流。

ドーナツ大好きアメリカ人は大興奮。
走る前から「今日はね、ドーナツのためにこのイベントに参加したのよ!」「早くドーナツ食べたいわね!」と知らない人からテンション高めに話しかけられるほど。

平日の18時半に行われたこのイベントですが、参加者は60人くらいいたでしょうか?みんなドーナツのために仕事を早く切り上げてきたんですね…!

ちなみにFBグループページでは、当日配布されるドーナツの種類が公開され、どのドーナツが一番好きか?という人気投票まで行われていました。
ボストニアンのドーナツ愛の深さ。

ちなみに1位の「ブラウンバター ヘーゼルナッツクランチ」はコチラ。とっても美味しい!

View this post on Instagram

Brown Butter Hazelnut you're the light of my life

A post shared by Union Square Donuts (@unionsquaredonuts) on

2位の「メープルベーコン」はユニオンスクエアの名物ドーナツ。しょっぱいベーコンと甘いドーナツ。個人的には別々に食べたい。笑

View this post on Instagram

You're bacon me crazy

A post shared by Union Square Donuts (@unionsquaredonuts) on

このイベントに参加した人はアンダーアーマーの15%割引券がもらえるので、お得にお買い物ができます。

ランニングに興味はなくても、ドーナツには興味ある。
そんなアメリカ人を、ドーナツを活用し、イベントへと誘引し、アンダーアーマーでお買い物させる。見事なマーケティングですね。


運動はたとえ摂取カロリーの方が多くても楽しく!

「なんてふざけたイベントだ!」という声も出てきそうですが、継続的に運動をするにはやはり楽しむことが一番。

たとえ「消費カロリー<摂取カロリーの」であっても、みんなでワイワイ楽しみながら運動し、美味しいものを食べ、「楽しかった!また運動しよう!」と思える仕組みがあるからこそ、ボストニアンは運動が好きなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中