グルテンフリーブームのアメリカで今話題の「ズードル」とは?

今アメリカで話題の「ズードル」

先日Twitterにも書いたのですが、最近もっぱら「ズードル」を食べています。


ズードルとは?

ズードルとはズッキーニを細長くスライスして作ったフェイク・パスタのこと。
ズッキーニ+ヌードルで「ズードル」というネーミングセンスがユニーク。

通常の小麦粉で作ったパスタは1人前(250g)約370kcal(ソースは含まない)ですが、ズードルは1人前約60kcal。カロリーを約6分の1に抑えることができます。


ズードルはどこで食べられる?

日本ではまだあまり見かけることのない「ズードル」ですが、ボストンでは手軽に食べることができます。
例えば、現在ボストンで店舗拡大中の 「Mini Grow」

今アメリカでトレンドの「カスタマイズ・ボウル」を作れるファストフード店です。

このお店では、「ズードル」だけでなく、ビーツを使った色鮮やかなビーツパスタや、ホウレン草を練りこんだ「ウレン草パスタなど多くの種類のパスタが用意されています。
ベースとなるパスタを選び、トマトやブロッコリーなどの野菜を好きなだけ加えて、約9ドルととてもリーズナブル。

炭水化物が使用されていないため満腹感に欠けるかと思いきや、噛み応えがあるズードルと、ボウル一杯に入った野菜のお陰で、これ1杯で十分満足感を得ることができます。

ドレッシングも約10種類ほどあり、チョイスするドレッシングによって味が全く異なるため、何回リピートしても楽しめるのも嬉しいポイント。


ズードルは家でも手軽に食べられる!

Whole FoodsやTrader Joe’sなどアメリカの大手スーパーもズードルを販売しており、家でも手軽に楽しむことができます。

先日は、スーパーで買ってきたズードルに、ガーリックシュリンプとトマトを合わせ、「海老のトマトパスタ」ならぬ「海老のトマトズードル」を作りました。遅い時間の夕食など、できるだけ低カロリーにしたい時にオススメ。

また、Amazonなどでは野菜をパスタ状にスライスできるマシンも販売されており、お家で簡単にズッキーニだけでなく人参やかぼちゃなど好きな野菜をパスタにすることができます。

Photo: https://www.williams-sonoma.com/

グルテンフリーブームのアメリカで支持されるズードル

カリフラワーで作られたニョッキやピザなど、グルテンフリーの商品ラインナップが多いのがアメリカの近年の食トレンド。
ちなみにアメリカのグルテンフリー食品市場は現在約50億円で、2024年には76億円まで拡大するとも言われています。

拡大するグルテンフリー市場において、「パスタは好きだけれど、小麦粉は摂取したくない…」そんな風に思っている人の心を掴んだズードル人気はまだまだ続きそうです。

グルテンフリーブームのアメリカで今話題の「ズードル」とは?」への2件のフィードバック

  1. Tyakura より:

    ズードル!日本でも流行りそうですね!ズッキーニってあまり食べないけど、パスタにするのは食感があって良さそう。一度試してみたいです。

    いいね

foodystyle にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中