サンフランシスコ発!完全無人レストラン「eatsa」

世界各地に出店を進める「Amazon Go」や、ボストンで話題の自動調理機が搭載されたロボットレストラン「SPYCE」など、外食産業では様々な無人化・自動化が進められています。

今後この傾向は加速していくかと思いますが、その先駆けとなったお店がサンフランシスコにあるファストフード店「eatsa(イーツァ)」です。

2015年にサンフランシスコに、「世界初となる無人ファストフード店」としてオープンしたeatsaに、実際に足を運んでみました。


完全無人レストラン「eatsa」とは?

eatsaがあるのは、サンフランシスコのビジネス地区。ランチの時間になると多くのビジネスマンでごった返します。

店の扉を開けると目に入るのは、ズラリと並んだモニターとコインロッカーのような設備。

ボストンのロボットレストラン「spyce」と異なり、スタッフは本当に1人も存在しない完全な無人レストランです。

注文から商品受け取りまでの動画をコチラでご覧ください。


注文から商品受け取りまでのフロー

オーダーはモニター上で行います。

ヘルシー志向の強い地元民に合わせ、メニューは野菜やプロテインがたっぷり入ったサラダボウルが中心です。
画面に表示される指示に従って、オーダーをします。
支払いはクレジットカードのみ受付で、レシートはメールで送られてきます。

支払いが完了すると、ロッカー番号が表示されますので、該当ロッカーの前で料理が出来上がるのを待ちます。
ロッカーには自分の名前が記載されています。

料理の仕上がりを待っている間、ロッカーの扉には動画が流れ、待ち時間も退屈させません。
待つこと3分ほどで料理が完成。ロッカーの扉を手で2回ノックすると扉が開くので、自分で料理を取り出します。

遊び心がきいた仕組みです。

ロッカーの向こう側は全く見えないのですが、スタッフ数人がスタンバイしていて、オーダーが入ると調理しているものだと想像できます。(調理については企業も公開していません)

「完全無人レストラン」と言っても、裏側では人間が動いているのですね。


安い!早い!旨い!の3拍子が揃ったeatsa

今回オーダーしたのはひよこ豆を揚げた「ファラフェル」とサラダボウル。

サラダと言っても、ポテトやチキンなど色んな食材が入っているため、男性でも満腹感が味わえます。

サラダボウルの価格は1個6.95ドル~。物価の高いサンフランシスコにおいて、同様の商品を通常の飲食店で購入すると10ドルは軽く超えてしまうので、このボリュームでこの価格はかなりお得と言えるでしょう。

店員さんにお話を伺ったところ、味もコストパフォーマンスも良いとあって、平日のランチタイムはとても混雑するとのことでした。


サンフランシスコ以外の店舗を閉店したワケとは?

地元民からの支持を集めるeatsa。
サンフランシスコ以外にもワシントンやニューヨークなどアメリカ各地で店舗を持っていましたが、今はサンフランシスコ以外の店舗は全て閉鎖しています。

なぜ人気があるのに閉店したのか?
その理由は、飲食店業ではなく、eatsaで培った無人レストランの技術自体を販売する、という戦略にシフトしたからだと考えられます。
実際に、eatsaは2017年12月にアジアン・フードチェーン「Wow Bao」に「eatsa」の技術を販売しています。
飲食店経営よりも利益率の高い技術販売にシフトしたとは、何ろもサンフランシスコらしい考え方ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中