培養肉にマリファナフード?!2019年の食トレンド大予想!

2018年も残すところあと2か月を切りました。

アメリカでは、ヴィーガンフードや植物性たんぱく質など様々なフードがヒットしましたが、2019年はどのようなフードトレンドが到来するのでしょうか?

ニューヨークの食品&飲食店コンサルティングファーム「BAUN + WHITE」が先日発表したレポートを元に、2019年のフードトレンドについて、①プロダクト ②サービス ③マーケットの3カテゴリでまとめました!


【Product】

① マリファナ・フード

嗜好用の大麻(マリファナ)が合法化される国が増加していることを受け、大麻に含まれている化学物質「カンナビジオール(CBD)」を使用した食品を提供するお店が続々と登場しています。

「Green Goddess Cafe」では、CBDの入ったラテやトニックジュース

「by CHLOE」ではCBD入りのスイーツが提供されています。


② 培養肉

研究室で作られた「培養肉」がブームになるのでは?と予測されています。

実際に市場に出るのにはまだ時間がかかりそうですが、肉を細胞から育てることができるようになれば、「動物の権利問題」や「環境問題」も解決できるかもしれません。

世界最大の食品多国籍企業「タイソンフーズ」も培養肉のベンチャー企業に積極的に投資を行っています。


③ カツサンド

今世界中で注目を集めているのが日本の「カツサンド」

ニューヨークでは、宮崎県のブランド牛「尾崎牛」を使用した1つ$185の最高級和牛カツサンドが販売されています。

パリでは、豚カツとキャベツ以外に、スライスチーズ、マヨネーズ、マスタード、オムレツを入れ込んだアレンジカツサンドが大人気。

カツサンド人気により、豚肉だけでなく、鶏肉や海老などを揚げたものをサンドする料理も出てきており、揚げたスパムを入れ込んだ「スパムサンド」が登場する日も遠くないかもしれません。


【Service】

④ “次世代”ファストカジュアルフードの増加

サブウェイのような従来のファストカジュアルフードと、高級ダイニングの間の”次世代”ファストカジュアルフードが今後増加すると予想されています。

”次世代”ファストカジュアルフードとは、クオリティの高い食材を使った料理を中価格帯(1人あたり20ドル前後)で提供するお店のこと。

ウエイターは存在せず、カウンターで注文・受け取るスタイルは従来のファストフードと同じですが、雰囲気の良いファッショナブルなお店であることが特徴です。

例えば、ニューヨークにあるアフリカ料理専門店「Kish-Kash」

ここでは、ニューヨークタイムズでも紹介された中東料理レストランのシェフが作る、クスクスやフムスなどを使用したアフリカ料理を15ドル前後で食べることができます。

(とても美味しかったのでオススメ!)


⑤ ロボットレストランの台頭

1時間に120枚のピザを焼き上げる3つの腕を持ったロボットが誕生したり、

バリスタがロボットのカフェ「Cafe X」

ロボットがシェフを勤めるロボットレストラン「Spyce」など

世界では続々とロボットレストランが誕生しています。

ロボットがレストランで働くことが当たり前となる時代が到来すると、レストランで働く従業員の雇用保障の見直しが求められるようになるでしょう。


Market】

⑥レストランやスーパーがミールキットサービス市場に参入

ミールキットサービスの先駆者「ブルーエプロン」の売上が苦戦していたり、アメリカの人気ミールキットサービス会社「Home Chef」がスーパーマーケットに買収されたり…

ミールキットサービス会社が、顧客基盤の再構築に奮闘している中、アメリカではレストランやスーパーが続々とミールキットサービス市場に参入しています。

例えば、ミレニアル世代から絶大な人気を誇るアメリカの人気ファストフード店「Chick-fil-A」がテストサービスとして実施しているミールキットサービス。

チキン、付け合わせの野菜、ソースがセットになって$16で販売されており、従来のミールキットサービス会社よりもリーズナブルな価格で人気を集めています。


⑦ 飲食店でない企業がレストラン市場に参入

アメリカで、スタイリッシュな映画館として話題の「iPic」

ここは映画館でありながら、クラブケーキや柚子シトラスドレッシングがかかったサラダ、七面鳥などの一流レストランで提供しているような食事を提供するレストランバーが併設されています。

また、電話会社「AT&T」がシアトルにオープンしたカフェ「THE LOUNGE」

3,000フィートという広々とした空間のこの店では、携帯電話の販売エリアだけでなく、高速Wi-Fiや、会議用の部屋が備え付けられたカフェがあります。

自社リソース・ブランドを活用して飲食店市場に参入してくる企業が今後も増加していくと見られます。


新しいものと古いものが融合されて創り出されるフードトレンド

培養肉やロボットレストランなど数年前には考えもしなかったことが、現実のものになってきています。

一方で、昔から存在する日本のカツサンドが世界各国でブレイクするなど、新しいものと古いもの双方が混ざりあって食トレンドが創り出されています。

2019年、どのようなトレンドが誕生するのか注目です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。