アメリカのファストフードはジャンキーからヘルシーへ

ジャンキーなファストフードからヘルシーなファストフードへ

マクドナルド、バーガーキング、ダンキンドーナツ…

アメリカ発祥のファストフードというと、「ハイカロリーで、脂っこくて、身体に悪いもの」とイメージされる方が多いのではないでしょうか?

しかし、ニューヨークやボストンなどアメリカの都心部では近年ヘルシー志向が高まっており、オシャレでヘルシーなファストフード店が続々とオープンしています。いくつかご紹介しましょう。


地中海料理店「Cava Grill」

2006年にメリーランド州で3人の友人同士が立ち上げた、カジュアルな地中海料理を提供するレストラン 。
はじめは小さなレストランでしたが、今やアメリカ東海岸を中心に25店舗近くのお店を展開し、2017年3月には3,000万ドルの資金調達に成功するなど、今話題のお店へ。

ベース(米/ピタパン/レンズマメ/リーフ)、野菜、プロテイン(肉類や豆類などたんぱく質が豊富なもの)、スプレッド(フムスなど)の各セクションから好きなものを選んでいき、自分好みのカスタマイズフードを作ることができます。

ベースを野菜だけにした場合、カロリーは約300程度、値段は約8ドル程度です。


Cava Grill がここまで値段を抑えられた背景には、データサイエンスチームの存在が挙げられます。
Cava Grillのデータサイエンスチームは週あるいは月ごとに、必要な食材について正確な予測値を算出しています。こうすることで、 食材購入費を安く抑えることができます。
また、農作物を無駄にすることもないため、近年問題となっている「フードロス問題」の解決にも寄与しています。

Cava Grillのデータサイエンスチームの取組の詳細について知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。


サラダ専門店「Sweetgreen」

2007年にワシントンで誕生したサラダ専門店で、現在ではアメリカの都市部を中心に75店舗以上を展開しています 。こちらも、CAVAと同様に自分の好きな野菜やプロテイン(肉類)、ドレッシングを選択し、自分だけのオリジナルサラダを作ることができます。

野菜は、地元で生産されたオーガニック野菜を使っており、契約農家は大小合わせて500以上とも言われています。男性でもお腹いっぱいになるほどボリュームたっぷりのサイズで、お値段は1ボウル約9-12$。

Sweetgreenが人気の理由は、ただ「美味しくてヘルシーな野菜をリーズナブルに食べられる」からではありません。「本物の食で人々をつなげる」というミッションに則り、コミュニティ作りに力を入れてきたことが成功の秘訣です。

例えば、Sweetgreenでは年間購入額に応じてステイタスを付与する制度を取っており、年間購入額が1,000$以上の「ゴールドステイタス会員」は、フィットネスやヨガ、農場訪問などの限定イベントに参加することができます。

また、毎年「Sweetlife」と呼ばれる音楽フェスを開催したり、小学校で生徒に栄養や運動の大切さを教える出張授業「Sweetgreen in schools」を実施するなど、精力的にコミュニティを構築することで、ブランド価値を高めてきました。

Photo: Sweetgreen

※Sweetgreenのコミュニティ作りの詳細について知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。


ヘルシーフードを提供するお店の数が増加する中で、差別化するためには「ヘルシーで美味しい」という点を訴求するだけでなく、新たな付加価値を加えることが重要になってくるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中