【Food Trend】シンガポール発!日本の生鮮食品が安価に手に入るドン・キホーテが大人気

シンガポールで大人気のドン・キホーテ

2017年12月にシンガポール中心部の商業施設「オーチャードセントラル」内にドンキホーテ1号店がオープンしたのに続き、先日ビジネス地区であるタンジョンパガーの100 AMモールに2店舗目がオープンしました。

地域住民向けに生鮮食品、近隣企業勤務者向けに加工食品の品揃えを強化した店舗ということで、早速偵察に行ってきました。

平日の14時という時間帯にも関わらず店内はサラリーマンやOLで溢れている…!

日本ではドン・キホーテなんてめったに行かなかったけれど、シンガポールに来てからはかなりお世話になっています。

日本から持ってきた化粧品がなくなった時や、日本のお菓子が食べたくなった時などは勿論、野菜やフルーツなどの生鮮食品を求めてお店に足を運んでいます。

 

人気の秘訣は食品の種類と価格の安さ

日本にいた時のドンキのイメージといえば、

「パーティーグッズやお菓子などを安く手に入れられる場所」

だったが、シンガポールのドンキのイメージはそれとは全く異なり、

「質の良い日本産の食材を安価に手に入れられる場所」

です。

シンガポールのドンキはとにかく生鮮食品(青果、鮮魚、精肉)の品揃えが良い。

フルーツや野菜はほぼ日本産のもの。

こんな高級みかんまで売られています。

20180620_141029.jpg

鮮度や安全性を気にする人(特にシンガポール在住の日本人)が安心して買い物できる場とあって、大人気なのです。

ちなみに和食の総菜やお弁当も置いてあって、こちらも人気商品。

そして注目すべきは価格の安さ。

ドンキができる前は、シンガポール在住の日本人は明治屋で食材を購入していました。

明治屋と言えば高級スーパー。

私もシンガポールに来てしばらくした時、むしょーに納豆が食べたくなり明治屋に行ったのですが、1パック300円近くするのを見て買うのを辞めました。笑

ところがドンキでは納豆が1パック1.8S$(約130円)で販売されています。明治屋の半額です。

他にも、卵かけご飯ラバーにとって必需品である「生食たまご」も4.5S$(約370円)で売られています。

(シンガポールでは安全性の観点から生食たまごが普通のスーパーで売られていないから、この価格でも貴重な存在なのです。)

今までは日本の生鮮食品が欲しかったら明治屋に行くというのが定石だったが、ドンキホーテが価格破壊を起こしてから、明治屋ユーザーは皆ドンキに流れていったそうです。

(明治屋のライバルがドンキだなんて日本では考えられないでsね。)

五感を刺激するショッピング体験にハマるシンガポール人

日本のドンキでは見ない光景がもう1つ。それが、「焼き芋」に並ぶシンガポール人の姿です。

焼き芋が出来上がる時間になると老若男女問わず人々がズラリ。

シンガポールに焼き芋がないからでしょうか?こんなにも焼き芋がヒットするなんて驚きです。

タンジョンパガー店では、焼き芋だけでなく、出来立ての「たこせん」や「焼もろこし」なども販売されていて、もはや夏祭り状態。

焼き芋の香ばしい匂い。

バラエティに富んだ大量の商品と、低価格を訴求する手書きのPOP。

そして店内に響き渡る、日本でも御馴染みの「ドンドンドン!ドンキ!ドン・キホーテ♪」ソング。

商品種類の豊富さと価格優位性は勿論のこと、この「五感を刺激するショッピング体験」が安心安全な食材を求める日本人のみならず、シンガポール人をも虜にしている理由だと言えるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中