注目度No.1タウン「チョンバル」のベーカリーで食べる、 シンガポールで一番美味しいクロワッサン!

今シンガポールで注目を集めているエリア「チョンバル」

チョンバルは、1930年代にイギリスの支配下で建てられたHDB(国が提供している公団住宅のこと)が立ち並ぶ住宅街だったのですが、近年オシャレなカフェや雑貨屋が続々オープンし、レトロな街並みと個性的なショップが混在するオシャレスポットとして注目を集めています。

「シンガポールの代官山」とも言われるチョンバルで人気のカフェが「チョンバルベーカリー」

日本でも有名なフランスのパン職人「ゴントラン・シェリエ」がプロデュースしたお店です。

それまでシンガポールにあったローカルパン屋とは一線を画し、本格的なフランスパンを提供するお店として一躍人気になりました。

HDBが立ち並ぶ古い住宅街であたチョンバルが、トレンドのショップが集まるおしゃれタウンへと変貌するきっかけとなった先駆者でもあります。

目印はダークグリーンのひさしと、可愛い自転車

小さい店ながら店内は常に満席で、早朝に行ったにも関わらずこの大行列!

イートインの場合は、席を抑えてから並びましょう(私が行った時はお店の人が席を確保してくれました)

店内のショーケースには、美味しそうなパンやサンドイッチがずらり!

どれにしようか迷いましたが、やっぱりここは、地元新聞紙で「シンガポールで一番美味しいクロワッサン」と評されたクロワッサンをチョイス。

色んな種類のクロワッサンサンドがありましたが、今回私が食べたのはハムチーズクロワッサン。これにカフェラテをつけて、10S$(800円)くらい。日本のおしゃれベーカリーと同じくらいかな?

何層にも細かいレイヤーが重なって出来た絶品クロワッサン

外はサクッ、中はふんわりの少し大きめのクロワッサン。これ1個で満腹!

カフェラテは、眠さも吹っ飛んでしまうくらい濃厚!

クロワッサンの他にもこんな可愛いペストリーやケーキもありました。

どれも美味しそう!

支店も続々オープン!

チョンバルにあるお店が本店ですが、ラッフルズシティや、オーチャードなどにも支店が続々オープンしているとのこと。

特にラッフルズシティ店は、パン以外に、パスタやパンケーキなどのフードメニューが豊富ということなので、今度はラッフルズシティ店に突撃だー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中