2泊3日弾丸ツアー!台湾のソウルフードを食べ尽くせ!

美食の国台湾に行ってきました!

アメリカのCNNサイト「グルメ旅の世界ランキング(2015)」で1位に輝いた実績もある「美食の国・台湾」に先日行ってきました。

台湾には5年ほど前に行ったことがあるのですが、当時旅行前日にお腹を壊すという事態に陥ったせいで、せっかく台湾に行ったのに全く食べることができなかった…という苦い思い出があるので、今回は万全の準備をして台湾に乗り込みました。

近代的で美しい台湾のMRT

台湾に着いて驚いたのが、駅のキレイさ。日本の地下鉄より断然キレイで近代的でした。

台北桃園国際空港からホテルがある台北駅までは、最近完成したという直結のMRTに乗って。

これが台北駅。

美しい・・・!

今回の台湾Mog Mog Tripでは、色んな場所に散らばっているグルメスポットに行くため、MRT 48時間乗り放題チケットを購入しました。(千円もしなかったかな?)

とても便利だったので、色んな場所に行きたい!と言う人にはオススメです。

台湾Mog Mog Tripで訪れた店を一挙ご紹介!

今回の旅のテーマは「インスタ映えするオシャレなカフェスイーツ」ではなく「地元の人に愛されるローカルフード」を食べる。

台湾到着後の夜ご飯は大好きな小籠包を食べに、「京鼎樓」へ。

小籠包界の総本山「鼎泰豐」で厳しい修行を積んだシェフが長年の経験と研究を経て作り出した料理が頂けます。

ここの看板メニューは「烏龍茶小籠」

淡い緑色の外観が美しい・・・!

これも美味しいけど、ジューシーなお肉、コクのあるスープ、アツアツの薄皮で包まれた王道な小籠包の方が私は好き!

デザートにおすすめなのは餡子が入った小籠包。

甘さ控えめで何個でも食べられちゃう。

2日目の朝は刈包(グゥアパオ)を食べに「石家割包」

刈包とは台湾風ハンバーガーのこと。

ふわふわもっちもちの白パンに、豚の角煮、酸菜(酸っぱく漬けた白菜)、ピーナッツの粉、パクチーが挟まっています。

ボリューム満点なのに1個200円くらいというコスパも魅力。

ちょっと脂っぽいので、2人で半分個するのがいいかも。

主食を食べ終わったら、おかずを食べに地元の方から大人気のレストランへ移動。

内装がとても可愛い!

「米粉ロール」をmog mog

米粉でできた皮で桜エビを包み揚げた一品。

桜エビの風味がきいていて、すごく美味しかった!

デザートは別腹!甘さ控えめの絶品カキ氷をMog Mog

おかずを食べ終わったら、デザートを食べにカキ氷屋さんへ移動。

小さな店舗が常に満席状態の大人気店「Jingimoo」

オーダーしたのは薔薇のカキ氷黒ゴマのお汁粉。

アツアツの黒ゴマ汁粉に、まるで大理石のような美しいお餅をくぐらせて頂くお汁粉。

バラ色に染まった氷の上に、オーガニックローズの花びら、紅麹の白玉、鉄観音のゼリー、あずきがトッピングされたカキ氷。

どちらも甘さ控えめで、お腹いっぱいなはずなのにペロリ。

2つで800円くらい。この味でこのお値段は安い!

安くて美味しい料理が食べられる台湾はFoodieには是非行って欲しい国。

次回は「台湾で見つけた韓国発のチュロス専門店」(ややこしい)をご紹介します✈

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中