【Diary】「美食の街 ポートランド」を旅して感じたポートランドの魅力

「全米で最もグルメな街」ポートランドを旅して感じたこと

前回の記事では、「全米で最もグルメな街ポートランドで絶対に行って欲しいお店」について書きましたが、

今回は、なぜ、ポートランドが『全米で最もグルメな街』と呼ばれているか?

そして、ポートランドを旅して感じた、住民の食意識の高さについて書きたいと思います。

 

ポートランドが『全米で最もグルメな街』と呼ばれるワケ

その理由は

1.レストランの多さ

2・地元を大切にするローカルフードの意識

3.食のクオリティの高さ

の3つあると私は考えています。1つずつお話していきましょう。

1.レストランの数の多さ

architecture ceiling chairs chandeliersポートランドは、人口比でみたレストラン数が全米一の街です。

アメリカの伝統的な料理から各国料理の専門店まで選びきれないくらいたくさんのレストランがあります。

また、ベジタリアンが多いため、ベジタリアン向けやオーガニック系のメニューが多いのも特徴的です。

2.地元を大切にするローカルフードの意識

pexels-photo-551652.jpeg

ポートランドでは、ファストフード店を含む、大手チェーン店をほとんど見かけません。

そして「地産地消」をモットーに、地元のレストランでは、地元で採れた食材を使った料理を提供しています。

日本では街を歩けば、マクドナルド・吉野家・スタバ…などチェーン店にいくつもぶつかりますが、ポートランド で街を歩いていても全くチェーン店を見かけません。個人がやっている、こじんまりとしたオシャレなお店ばかりです。

3.食のクオリティの高さ

food-healthy-vegetables-potatoes.jpg

ポートランド市内には、51のブリュワリー(地ビール醸造所)があり、郊外にはワイナリーも多くあります。

また、毎週末ファーマーズマーケットが開催され、地元で収穫された質の高い、旬の野菜や果物を求め、地元のみならず世界中から多くの人が訪れています。

質の高い新鮮な野菜やビール、ワインが手に入るため、豊かな食材を求めて、世界中のシェフたちがこの街で店を構えるようになっています。

ポートランド旅行を通じて感じた、人々の食意識の高さ

ポートランドでは、人々の食に対する意識が高く、食材へのこだわりが強いため、早くから「オーガニック」への取り組みも行われてきました。

pexels-photo-533360.jpeg

「オーガニック」と言うと、日本では”特別な”扱いをされている印象を受けます。

オーガニック食品は値段が高かったり、オシャレで流行に敏感な女性向けの商品といったイメージがあるため、一部の”特別な”人しか購入していません。

また、流通量も少ないため、オーガニック食品を取り揃えた特別なスーパーに行ったり、オンラインで取り寄せなければ、商品を手に取ることはできません。

しかし、ポートランドのスーパーでは、ごく普通にオーガニック商品が販売されています。

しかも、べらぼうに高いわけでなく、普通の食品より少し高めな程度です。

pexels-photo-142520.jpeg

ではどうして、ポートランドではこのように安い価格で大量のオーガニック商品を流通させることができるのでしょうか?

それは、「住民の食に対する意識の高さ」だと考えられます。

日本では、海外では使用が禁止されている「食べるプラスティック」とも呼ばれる「トランス脂肪酸」や、「アミノ酸系調味料」が当たり前に使用され、生活者もそのことに何の疑問を抱かずに摂取しています。

しかし、食に対する意識の高さが高いポートランドの人々は、それらの食品のリスクについてよく理解していて、少し高いお金を払ってでも良い食品(オーガニック食品)を購入しよう、という意識があります。

watermelon-summer-little-girl-eating-watermelon-food.jpg

このような食意識の高い住民が多いからこそ、街にもファーストフード店ではなく、安心安全な食が提供される地元のレストランが沢山あるのです。

そして消費者のニーズに応えるべく、食品店やレストランでオーガニック商品が数多く提供されているのです。

鶏と卵の関係ですが、オーガニック食品を日常的に購入する人が多いからこそ、良心的な価格でオーガニック商品を流通できるのです。

日本ではオーガニック商品のニーズはそこまで高くないため、販売量も限られており、流通側としてもコストを高くせざるを得ないのです。

流行に惑わされるのではなく、自分の感性に従って生きるポートランド住民

私たち日本人は、与えられた食べ物・流行している食べ物を、何の疑問も抱かずに摂取していますが、自分で主体的に情報検索し、今自分に必要な食べ物は何か、を考えることが必要なのではないでしょうか。

「流行に惑わされるのではなく、自分の身体やライフスタイルに合ったものを、自分で取捨選択していく」

今回のポートランド旅行では、そんなポートランドの人々の真っすぐで自分に正直な生き方が垣間見れたような気がしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中